ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 江戸遊里の記憶 苦界残影考

  • 江戸遊里の記憶 苦界残影考

江戸遊里の記憶 苦界残影考

  • 渡辺憲司/著 渡辺 憲司
    自由学園最高学部長。立教大学名誉教授。日本近世文学・文化。博士(文学)。1944年12月15日、北海道函館市生まれ。68年、立教大学文学部卒業。76年、同大学院文学研究科日本文学専攻博士課程満期退学。横浜市立横浜商業高等学校(定時制)、私立武蔵高等学校・中学校教諭、梅光女学院大学(現・梅光学院大学)短期大学部・文学部助教授などを経て、立教大学文学部教授。立教新座中学校・高等学校校長などを経て、現職

  • シリーズ名
    ゆまに学芸選書ULULA 12
  • ページ数
    276p
  • ISBN
    978-4-8433-5160-4
  • 発売日
    2017年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 江戸時代の各地の遊里を訪ね歩き、歴史と文化の光と影をあぶりだす。過去の現実と向き合い、現代に語り継がれる廓の物語。
目次
はじめに―廓噺「辛からん事を人情深く」
第1章 遊里の光と影
第2章 苦界紀行
第3章 遊女悲歌
第4章 海を見る遊女
あとがき―「闇の夜は吉原ばかり月夜かな」考

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

遊郭の地霊にひそむ悲しみを繰り返してはならない。江戸時代に栄えた全国各地の遊里を訪ね歩き歴史と文化の光と影をあぶりだす。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 江戸遊里の記憶 苦界残影考
  • 江戸遊里の記憶 苦界残影考

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中