ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • クーデターとタイ政治 日本大使の1035日

  • クーデターとタイ政治 日本大使の1035日

クーデターとタイ政治 日本大使の1035日

  • 小林秀明/著 小林 秀明
    1945年長野県生れ。1968年東京大学卒、外務省入省。1984年より南東アジア第二課長、地域政策課長。1988年よりオーストラリア大使館参事官、ポーランド大使館公使を歴任。1993年より領事移住部審議官などを経て、1995年より公正取引委員会官房審議官。1997年より、在米国大使館特命全権公使、国連代表部特命全権大使。2001年外務省儀典長。2002年東宮侍従長。2005年11月より2008年9月まで駐タイ王国特命全権大使

  • ページ数
    250p
  • ISBN
    978-4-8433-3339-6
  • 発売日
    2010年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2006年のクーデターをはさみ1035日間、駐タイ王国大使をつとめた著者が見た「微笑みの国」タイの政治激動。
目次
タクシン氏との出会い
反タクシン運動の始まり
タイの麻薬問題
タクシン氏の首相休職
静かなクーデター
スラユット新政権の成立
治安問題
日タイ経済連携協定署名問題
スラユット政権の苦闘
日タイ経済連携協定の発効
タクシン支持勢力の返り咲き
ブレア・ビヘア(カオ・プラビーハン)寺院問題
チャムロン氏のこと
サマック政権の末路
その後のタイ情勢
あとがき―タクシン旋風の源泉とその行方

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • クーデターとタイ政治 日本大使の1035日
  • クーデターとタイ政治 日本大使の1035日

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中