ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 人生が変わる55のジャズ名盤入門

  • 人生が変わる55のジャズ名盤入門

人生が変わる55のジャズ名盤入門

  • 鈴木良雄/著 鈴木 良雄
    1946年長野県木曽郡木曽町福島生まれ。伯父は「スズキ・メソード」の創始者、父はヴァイオリン演奏者・製作者、母はピアノ教師。早稲田大学で、モダンジャズ研究会に入る。1年後輩に、タモリ、増尾好秋などがいる。大学時代からプロ・ピアニストとなる。その後、渡辺貞夫カルテットにて、ベーシストとして参加。1973年ファーストアルバム『FRIENDS』リリース。同年10月より、渡米。NYにて活動開始、スタン・ゲッツ・グループに参加後、アート・ブレイキーのバンドでレギュラー・ベーシストとなる

  • シリーズ名
    竹書房新書 041
  • ページ数
    301p
  • ISBN
    978-4-8019-0634-1
  • 発売日
    2016年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • タモリ、小曾根真、ケイコ・リー、菅原正二、小川隆夫、岡崎正通、小西啓一など、ジャズの達人が選んだ約1,000枚のアルバム。その中からランキング55位までを徹底解説!!マイルス・デイビスの「ジャズで大切なことはオネスティー(正直さ)だ」の言葉どおり、「正直な」解説を加えて1冊に仕上げた。ありそうでなかった、ミュージシャンセレクトのジャズ入門書。
目次
『カインド・オブ・ブルー』マイルス・デイビス―「お前ここで聴いていろよ」と、マイルスはケリーに言った。
『サキソフォン・コロッサス』ソニー・ロリンズ―ソニーの良さは、朗々と吹くところです。
『サムシン・エルス』キャノンボール・アダレイ&マイルス・デイヴィス―マイルスは、自分のミストーンを何故残したのか。
『ワルツ・フォー・デビイ』ビル・エヴァンス―20世紀の近代音楽の和声をジャズで開花させたのがこの人だと思います。
『バラード』ジョン・コルトレーン―ピアノのマッコイ・タイナーの美しいバッキングを感じて欲しい。
『クール・ストラッティン』ソニー・クラーク―演奏も音もナチュラルで、一生懸命さがない。その理由は?
『モーニン』アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ―アートは太陽みたいな人で、僕の先生でもありました。
『グルーヴィー』レッド・ガーランド―ガーランドは、本当に純朴で可愛い人って感じでした。
『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』マイルス・デイビス―マイルスのライブレコーディングの最高峰がこのアルバムです。
『オーバーシーズ』トミー・フラナガン―トミーがエルヴィンに触発されて、凄いプレイをしています。〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 人生が変わる55のジャズ名盤入門
  • 人生が変わる55のジャズ名盤入門

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中