ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アメリカで35年暮らした僕が妻の田舎に移住して見つけた人生でいちばん大切なこと

  • アメリカで35年暮らした僕が妻の田舎に移住して見つけた人生でいちばん大切なこと

アメリカで35年暮らした僕が妻の田舎に移住して見つけた人生でいちばん大切なこと

  • マックス桐島/著 マックス桐島
    神奈川県葉山生まれの東京渋谷育ち。日本人有数のハリウッド映画プロデューサー。1970年、映画製作を夢見て、高校生で単身アメリカに渡る。UCLA映画学科、2年半に渡る世界92カ国放浪旅行、ハリウッド俳優を経て、1990年、映画プロデューサー業に乗り出し、ハリウッド映画13作品をプロデュース。俳優としても、出演作多数。現在は妻の出身地宮崎県都城市に居住し、ハリウッドで映画製作事業、日本では、メディア出演、書籍やコラム執筆、講演活動、ビジネスコンサルティング、アンチエイジング関連のセミナー、ワークショップを精力的に展開中

  • ページ数
    262p
  • ISBN
    978-4-7889-1447-6
  • 発売日
    2017年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 最愛の妻の余命5年を機に、妻の故郷である日本へ移住をした著者。そこで感じた、人生で最も大切なこと。著者渾身の極私的日本論。
    (「近刊情報」より)
目次
第1章 35年のキャリアを捨てて僕が日本に帰国した理由(ハリウッド・プロデューサーへの道
余命宣告 ほか)
第2章 田舎暮らしで感じた新鮮な驚き(ホームタウンと自分の居場所
煩わしさの向こう側 ほか)
第3章 世界でいちばん「きちんとした」国に生まれて(「きちんとした」国で暮らすささやかな幸福
民度の国際基準 ほか)
第4章 妻の田舎で見つけた人生でいちばん大切なこと(「もっと上へ」から「足るを知る」へ
日本映画のハリウッド・リメイクでわかったこと ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

余命5年。最愛の妻への突然の宣告が、すべてを変えた。妻の余生をまっとうするために、絶頂期のキャリアを捨てて日本に帰国することを決断したハリウッド映画プロデューサー。思いとは裏腹に、待っていたのは失意と焦燥の田舎暮らし。しかしその先に、思いもかけない「切ないドラマ」が待っていた…。感涙必至―まったく新しい日本論エッセイの誕生。

ページの先頭へ

閉じる

  • アメリカで35年暮らした僕が妻の田舎に移住して見つけた人生でいちばん大切なこと
  • アメリカで35年暮らした僕が妻の田舎に移住して見つけた人生でいちばん大切なこと

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中