ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 絵でわかる言語障害 言葉のメカニズムから対応まで

  • 絵でわかる言語障害 言葉のメカニズムから対応まで

絵でわかる言語障害 言葉のメカニズムから対応まで

  • 毛束真知子/著 毛束 真知子
    言語聴覚士(ST:speech therapist)。1952年埼玉県生まれ。国立聴力言語障害センター附属聴能言語専門職員養成所、東京大学大学院修士課程(神経心理学)修了。現在、昭和大学医学部内科学講座神経内科学部門や発達障害の専門機関などで臨床を行うかたわら、学習院大学、中央大学大学院等、複数の大学で非常勤講師を勤めている

  • ページ数
    159p
  • ISBN
    978-4-7809-1088-9
  • 発売日
    2013年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 基礎知識からコミュニケーション実践まで、簡潔な文章とイラストでわかりやすく解説。基礎知識と臨床知見が結びつき、よりわかりやすくなった改訂版。
目次
第1章 言葉とは(動物の言葉(動物も“言葉”をもっている
動物とコミュニケーションする試みが行われている)
言語体系―音声言語だけが言葉ではない
言語モダリティー―言葉は“聞く”“話す”“読む”“書く”の4つの様式に分けられる ほか)
第2章 言語障害とその関連障害:種類と接し方(聴覚障害
構音障害
音声障害 ほか)
第3章 言語検査(聴力障害の検査―純音聴力検査と語音聴力検査を行う
構音障害の評価―スクリーニング検査で異常がみられたら精密検査を行う
構音障害の検査(発声発語器官―筋力、筋緊張、運動範囲、運動速度を調べる
声―呼吸の状態、声のコントロールを調べる
構音―単音節、単語、文レベルで検討する
プロソディー―発話速度、イントネーション、アクセント、リズムを評価する) ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 一般
版数 第2版

ページの先頭へ

閉じる

  • 絵でわかる言語障害 言葉のメカニズムから対応まで
  • 絵でわかる言語障害 言葉のメカニズムから対応まで

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中