ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 集中ケアの「質」を考える ICUナースのためのクリニカルインディケーター

  • 集中ケアの「質」を考える ICUナースのためのクリニカルインディケーター

集中ケアの「質」を考える ICUナースのためのクリニカルインディケーター

  • 卯野木健/著 卯野木 健
    筑波大学附属病院副看護部長。1997年、千葉大学看護学部卒業後、聖路加国際病院救命救急センター勤務。在籍中に筑波大学大学院博士課程人間総合科学研究科機能制御医学専攻修了。聖路加国際病院副看護師長を経て、2006~2007年、ヴァージニア州立大学博士研究員。2007年より聖路加看護大学助教。同大学准教授を経て、2011年より筑波大学附属病院看護師長。2011年6月より現職

  • ページ数
    111p
  • ISBN
    978-4-7809-1075-9
  • 発売日
    2012年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 病棟の問題を認識し,問題の解決方法を考え,評価するにあたり『クリニカル・インジケーター』は重要な物差しとなる.本書では、ICUにおけるクリニカル・インジケーターとその使用方法について,具体的に解説する.
目次
第1章 なぜ今、質の評価なのか?(ICUの看護の目標は?
現在地がわかって初めて目的にたどりつける ほか)
第2章 現在地を知ろう―私たちのケアの質は?(まずは現在地を見定める
構造?プロセス?アウトカム? ほか)
第3章 目的地までの行き方を考えよう―どのように改善する?(まずはクオリティ・インディケーターを公開しよう
Quality Improvement(クオリティ・インプルーヴメント) ほか)
第4章 目的地に到達したか確かめよう―どのように評価する?(必ず評価する
変化をスタッフと共有する ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 集中ケアの「質」を考える ICUナースのためのクリニカルインディケーター
  • 集中ケアの「質」を考える ICUナースのためのクリニカルインディケーター

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中