ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 医療安全・トレーサビリティのためのバーコード・電子タグ活用ガイド

  • 医療安全・トレーサビリティのためのバーコード・電子タグ活用ガイド

医療安全・トレーサビリティのためのバーコード・電子タグ活用ガイド

  • ページ数
    235p
  • ISBN
    978-4-7809-1039-1
  • 発売日
    2011年08月

3,800 (税込:4,104

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 医療業界におけるバーコードや電子タグ等自動認識技術の普及の現状とメリットを病院内・外における活用事例を用いて紹介。
目次
1 医療機関における自動認識技術の必要性(背景 なぜ自動認識技術が必要か
現状 当院における活用の実際 ほか)
2 バーコード・電子タグの基礎知識と導入方法(バーコードとは
医療業界におけるバーコード・2次元シンボルの活用 ほか)
3 バーコード・電子タグの活用事例(電子タグによる3点照合システム
医薬品ピッキング鑑査におけるJANコードの活用 ほか)
4 世界の医療業界におけるコード標準化の動向(国際基準 国際組織GS1と患者安全
米国 米国における標準化の動向 ほか)
Appendix 資料編(GS1と流通システム開発センター
チェックデジットの計算式 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 医療安全・トレーサビリティのためのバーコード・電子タグ活用ガイド
  • 医療安全・トレーサビリティのためのバーコード・電子タグ活用ガイド

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中