ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ドレッシング材のすべて 皮膚科医による根拠に基づく選び方・使い方

  • ドレッシング材のすべて 皮膚科医による根拠に基づく選び方・使い方

ドレッシング材のすべて 皮膚科医による根拠に基づく選び方・使い方

  • 前川武雄/編集 前川 武雄
    H11.3月東京慈恵会医科大学卒業。H11.5月東京大学皮膚科入局。H13.4月虎の門病院皮膚科専修医。H15.4月東京大学皮膚科助手。H18.4月東京都教職員互助会三楽病院皮膚科科長。H22.2月自治医大皮膚科。現職:自治医大皮膚科講師(医局長、病棟医長)。専門は皮膚外科、皮膚悪性腫瘍、創傷・褥瘡、下肢静脈瘤

  • ページ数
    159p
  • ISBN
    978-4-7809-0925-8
  • 発売日
    2015年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 褥瘡・創傷に対してドレッシング材を使いこなすための皮膚科医の根拠がこの中に!
目次
総論 ドレッシング材によるwound bed preparationとmoist wound healing
1章 病態別の使い方(病態別の使い方―複数の問題がある場合どう選択するか?
滲出液の少ない創傷 ほか)
2章 さまざまなドレッシング材とその基本的な使い方(さまざまなドレッシング材とその基本的な使い方
ポリウレタンフィルム ほか)
3章 他治療との比較(他治療との比較―外用剤、NPWT、ラップ療法
ドレッシング材vs外用剤―治療法選択のポイント ほか)
4章 薬事・医療保険制度からみたドレッシング材(ドレッシング材の整理―「薬事」「特性」「診療報酬」)

商品詳細情報

フォーマット 単行本

ページの先頭へ

閉じる

  • ドレッシング材のすべて 皮膚科医による根拠に基づく選び方・使い方
  • ドレッシング材のすべて 皮膚科医による根拠に基づく選び方・使い方

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中