ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 循環器診療の最新エビデンスを使いこなす

  • 循環器診療の最新エビデンスを使いこなす

循環器診療の最新エビデンスを使いこなす

  • 清水渉/監修 清水 渉
    1985年広島大学医学部医学科卒業。1987年国立循環器病センター心臓血管内科レジデント。1996年Masonic Medical Research Laboratory留学。2011年国立循環器病研究センター心臓血管内科部長。2013年日本医科大学大学院医学研究科循環器内科学分野大学院教授

  • ページ数
    223p
  • ISBN
    978-4-7809-0924-1
  • 発売日
    2015年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,000 (税込:4,320

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • この1冊を読めば循環器疾患の最新動向・治療がわかる!循環器を志し始めた若い先生から、論文を読み漁るパワーがやや衰えてきたベテランの先生にもおすすめ。
目次
先天性心疾患
弁膜疾患
虚血性心疾患
心不全
不整脈
心筋疾患
感染性心内膜炎・心膜疾患・心臓腫瘍
高血圧症
肺高血圧症
大動脈疾患
末梢動脈疾患・静脈疾患・リンパ管疾患
心臓リハビリテーション
心臓移植・人工心臓
心疾患の遺伝的素因

商品詳細情報

フォーマット 単行本

ページの先頭へ

閉じる

  • 循環器診療の最新エビデンスを使いこなす
  • 循環器診療の最新エビデンスを使いこなす

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中