ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 妹島和世論 マキシマル・アーキテクチャー 1

  • 妹島和世論 マキシマル・アーキテクチャー 1

妹島和世論 マキシマル・アーキテクチャー 1

  • 服部一晃/著 服部 一晃
    1984年生まれ。2007年東京大学工学部建築学科卒業後、パリ・ラヴィレット建築大学に留学。その後、東京大学大学院難波和彦研究室を2010年に修了。現在、隈研吾建築都市設計事務所(KKAA)勤務。大学卒業制作の世界コンクール「Archiprix 2009」グランプリ受賞

  • シリーズ名
    建築・都市レビュー叢書 01
  • ページ数
    262p
  • ISBN
    978-4-7571-6070-5
  • 発売日
    2017年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • “私”と“世界”の亀裂に向き合った妹島和世の世界を縦横に読み解く新世代の建築批評。
目次
序 きっと「作品」が悪いのだ
1 亀裂は絶対見過ごせない―「妹島和世の原風景」
2 建築論に食らいつけ―「多木・篠原・伊東・坂本のちょっと難しい建築」
3 家具もまた建築である―「大橋の建築家具・倉俣のヒエラルキー批判」
4 最初の亀裂、躓きの予感―「キャラクター論の失敗とコーリン・ロウ」
5 どうして覆われなければならないのか―「伊東事務所からの巣立ち」
6 同一化から相互規定へ―「“PLATFORM2”と“再春館”」
7 追いかけるほど遠ざかる世界―「地面・外形・ファサード・時間」
8 許してみる、頼ってみる、ただし慎重に―「ラカトン&ヴァッサルと“芝浦”のブレース」
9 誰がやわらかくしたのか―「西沢立衛の手弱女ポエジー」
終 私であり、作品であるもの

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

建築のモダニズム、ポストモダニズムの流れを、突如「切断」してに現れた妹島和世(せじま・かずよ)。
その発想の根底には「世界」と「私」の「亀裂」を丸ごと飲み込む姿勢があった。
80年代生まれの気鋭が放つ新しい建築史の冒険。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 妹島和世論 マキシマル・アーキテクチャー 1
  • 妹島和世論 マキシマル・アーキテクチャー 1

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中