ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • なぜヨーロッパで資本主義が生まれたか 西洋と日本の歴史を問いなおす

  • なぜヨーロッパで資本主義が生まれたか 西洋と日本の歴史を問いなおす

なぜヨーロッパで資本主義が生まれたか 西洋と日本の歴史を問いなおす

  • 関曠野/著 三室勇/聞き手 関 曠野
    1944年東京生まれ。早稲田大学を卒業後、共同通信社勤務を経て、1980年より著述生活に入る。1982年のデビュー作『プラトンと資本主義』(北斗出版)以降、幅広い分野に渡る著作、論文を発表

    三室 勇
    1945年生まれ。20歳代に雑誌『新日本文学』の編集、その後、せりか書房、フィルムアート社など書籍編集に携わった後、医療関係の広告代理店に勤務し、30歳代後半から医療・医学分野のフリーランス・ライターとなり、現在に至る

  • ページ数
    291p
  • ISBN
    978-4-7571-4346-3
  • 発売日
    2016年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 我々は資本主義を本当に理解しているか?左翼‐右翼、進歩‐保守の座標軸は、もはや無効である。問題の本質は「グローバル」対「ローカル」にある。思想史の視点から世界史・日本史の「常識」を覆す。
目次
第1章 ヨーロッパ史を問いなおす―矛盾と相克の歴史
第2章 革命について―革命神話はどのように生まれ、伝播したか
第3章 民族主義という問題―「民族」観念の起源とその再生
第4章 アメリカの世紀の終焉―グローバリズムの限界と平和の条件
第5章 科学と社会―古代ギリシャの自然観と科学の再魔術化
第6章 資本主義とは何であり、何が問題なのか―単なる経済現象ではなく、精神史的な問題
第7章 貨幣の崇拝と通貨改革の思想―グローバル金融システムの支配からどう離脱するか
第8章 日本史を再考する1(古代から江戸時代まで)―文明のユニークさを探る
第9章 日本史を再考する2(明治から現代)―近代日本の権力構造
第10章 歴史の証人としての知識人

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

『プラトンと資本主義』『ハムレットの方へ』で衝撃的なデビューを果たし、その後も一作ごとに斬新な問題提起を行ってきた関廣野。
その長年に渡る思索を振り返って語り下ろす。
さらに日本史についても、従来の見方に囚われない大胆な解釈を提示する。
「フクシマ以後」を生きる日本人に贈る1冊。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • なぜヨーロッパで資本主義が生まれたか 西洋と日本の歴史を問いなおす
  • なぜヨーロッパで資本主義が生まれたか 西洋と日本の歴史を問いなおす

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中