ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 食の社会学 パラドクスから考える

  • 食の社会学 パラドクスから考える

食の社会学 パラドクスから考える

  • エイミー・グプティル/著 デニス・コプルトン/著 ベッツィ・ルーカル/著 伊藤茂/訳 グプティル,エイミー(Guptill,Amy E.)
    ニューヨーク州立大学ブロックポート校社会学准教授。2004年、コーネル大学で社会学博士号取得。専門は食システムとコミュニティ

    コプルトン,デニス(Copelton,Denise A.)
    ニューヨーク州立大学ブロックポート校社会学准教授。ニューヨーク州立大学ビンガムトン校で社会学博士号取得。専門は食と健康の社会学

    ルーカル,ベッツィ(Lucal,Betsy)
    インディアナ大学サウスベンド校社会学教授。ケント州立大学で社会学博士号取得。専門はジェンダー論、近現代社会理論

    伊藤 茂
    翻訳家

  • ページ数
    270p
  • ISBN
    978-4-7571-4339-5
  • 発売日
    2016年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • フードデモクラシーは実現可能か?工業化される食品とオーガニック志向、グローバル化とローカル化、飽食と飢餓、包摂と排除、複雑化する食品供給網、安い食品の目に見えないコスト…「食」をめぐるさまざまなパラドクスを切り口に、現代の食料システムの問題点を暴く。
目次
第1章 食の社会学―原則とパラドクス
第2章 食とアイデンティティ―包摂と排除
第3章 スペクタクルとしての食―豪華ディナーと過酷な労働
第4章 栄養と健康―体によくてもおいしくない?
第5章 ブランド化とマーケティング―消費者主権と企業の影響力
第6章 工業化される食―安い食品にかかる高いコスト
第7章 グローバルフード―複雑化する食品供給網
第8章 食料アクセスの問題―余剰と不足が同時に起きている
第9章 食と社会変化―新たな価値を求めて

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:Food and Society
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 食の社会学 パラドクスから考える
  • 食の社会学 パラドクスから考える

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中