ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 暴力と社会秩序 制度の歴史学のために

  • 暴力と社会秩序 制度の歴史学のために

暴力と社会秩序 制度の歴史学のために

  • ダグラス・C・ノース/著 ジョン・ジョセフ・ウォリス/著 バリー・R・ワインガスト/著 杉之原真子/訳 ノース,ダグラス・C.(North,Douglass C.)
    1993年ノーベル経済学賞の共同受賞者。ワシントン大学(セントルイス)の教授(Spencer T.Olin Professor in Arts and Sciences)で、1984年から1990年まで同大学の政治経済学センターの所長を務めた。また、スタンフォード大学フーヴァー研究所の上級研究員(Bartlett Burnap Senior Fellow)でもあった。アメリカ芸術科学アカデミー会員。また、全米経済研究所の理事会メンバーを20年に渡って務めた。2015年死去

    ウォリス,ジョン・ジョセフ(Wallis,John Joseph)
    メリーランド大学経済学教授、全米経済研究所研究員。ワシントン大学で1981年に博士号を取得した後、シカゴ大学で博士研究員として2年間を過ごす。2006‐07年にかけ、スタンフォード大学フーヴァー研究所客員研究員、同大学政治学部客員教授。経済史学者として、アメリカ財政、および政府の制度的発展と経済発展の関係を専門とする

    ワインガスト,バリー・R.(Weingast,Barry R.)
    スタンフォード大学政治学部教授(Ward C.Krebs Family Professor)、同大学フーヴァー研究所上級研究員。同大学国際開発センターの上級研究員も務める。1977年にカリフォルニア工科大学で博士号取得。スタンフォード大学への赴任前は、ワシントン大学(セントルイス)経済学部およびビジネス・スクールに10年間属していた。ライカー賞、ハインツ・ユーロー賞、ジェームズ・バー記念賞などを受賞。また、世界銀行や、米国国際開発庁などの開発機関と広範に仕事をしている

    杉之原 真子
    フェリス女学院大学国際交流学部准教授。東京大学教養学部卒業、コロンビア大学大学院博士課程修了。Ph.D.(政治学)。東京大学社会科学研究所助教などを経て現職

  • シリーズ名
    叢書《制度を考える》
  • ページ数
    426p
  • ISBN
    978-4-7571-4232-9
  • 発売日
    2017年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,000 (税込:5,400

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 暴力を独占する国家はいかにして成立したのか?近代的な政治・経済システムの成立の条件に暴力の制御という観点から迫った論争的な書。
目次
第1章 分析枠組み
第2章 自然国家
第3章 自然国家の事例―英国の土地法
第4章 アクセス開放型社会
第5章 アクセス制限型秩序からアクセス開放型秩序への移行―戸口条件
第6章 厳密な意味での移行
第7章 社会科学にとっての新たな研究課題

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原タイトル:VIOLENCE AND SOCIAL ORDERS
対象年齢 一般

商品のおすすめ

近代の政治経済のシステムが必要な条件とは何か。世界の学界で論争の続く大テーマに長年の研究成果を注ぎ込み、新たな地平を切り開く。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 暴力と社会秩序 制度の歴史学のために
  • 暴力と社会秩序 制度の歴史学のために

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中