ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 地方創生は日本を救うか KPIランキングで読み解く日本の未来

  • 地方創生は日本を救うか KPIランキングで読み解く日本の未来

地方創生は日本を救うか KPIランキングで読み解く日本の未来

  • 小川克彦/編著 山口信弥/編著 小川 克彦
    慶應義塾大学環境情報学部教授。1978年に慶應義塾大学工学部修士課程を修了しNTTに入社。NTTサイバーソリューション研究所所長を経て、2007年より現職。工学博士。専門は、ヒューマンセンタードデザイン、ネット社会論

    山口 信弥
    日立コンサルティング公共コンサルティング本部ディレクター。自治体の業務改革・システム導入に関わるプロジェクトを経て、現在は地方創生やSociety5.0関連のコンサルティング業務に従事

  • ページ数
    197p
  • ISBN
    978-4-7571-2364-9
  • 発売日
    2017年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • “マクロ”な視点からの新しいアプローチ、KPI(重要業績指標)とは?地方での創業件数、UIJターンの就職者数、男性の育児休業取得率など、地方活性化の現状や将来の目標を分かりやすく伝えるための指標。
目次
序章 地方の魅力は人だ―働き方、暮らし方、生き方が変わる
第1章 KPIで読み解く地方創生
第2章 KPIの分析結果
第3章 産業振興と起業はすべての基本だ
第4章 地方に移住して魅力ある生活を
第5章 行政も婚活に一所懸命
終章 地方創生と日本の未来

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

全国の地方公共団体は、まち・ひと・しごと創生法に基づき、2015年度中に人口ビジョン・総合戦略の策定を完了し、実行段階に移行している。その評価にあたっては、 一律でKPIが導入されているが、自治体ごとのテーマ・名称はバラバラのため、単純には比較できない。
そこで小川教授と日立コンサルティングは共同で、そのデータをテーマ(人口変化、雇用、結婚・子育てなど)ごとに整理し、県ごとの比較ができるような名寄せを行い、比較分析できるデータに組み替えている。本書は、個別に政策を実行している各県が、自らの取り組みを比較できる指標になっている。

・KPIとは?
重要業績評価指標Key Performance Indicatorの略称。
目標の達成に向かってプロセスが適切に実行されているかどうかを計測する基準のこと。
マーケティングや営業ツールとして広く使われている。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 地方創生は日本を救うか KPIランキングで読み解く日本の未来
  • 地方創生は日本を救うか KPIランキングで読み解く日本の未来

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中