ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 緊縮策という病 「危険な思想」の歴史

  • 緊縮策という病 「危険な思想」の歴史

緊縮策という病 「危険な思想」の歴史

  • マーク・ブライス/著 若田部昌澄/監訳 田村勝省/訳 ブライス,マーク(Blyth,Mark)
    1967年、スコットランドのダンディー生まれ。国際政治経済学者。コロンビア大学政治学大学院で博士号を取得後、ジョンズ・ホプキンス大学を経て、2005年からブラウン大学政治学部教授

    若田部 昌澄
    1965年生まれ。経済学者。早稲田大学政治経済学術院教授。早稲田大学政治経済学部卒業、同大学院経済学研究科、トロント大学経済学大学院博士課程満期退学

    田村 勝省
    1949年生まれ。翻訳家。東京外国語大学および東京都立大学卒。旧東京銀行で調査部、ロンドン支店、ニューヨーク支店を経て、関東学園大学経済学部に2015年まで勤務

  • ページ数
    443p
  • ISBN
    978-4-7571-2341-0
  • 発売日
    2015年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

3,200 (税込:3,456

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ギリシア問題の本質は「思想」の問題である。リーマンショック後の世界的な「緊縮」策の流行は、なぜ生まれたか。そしてそれがなぜ間違っているかを「思想」と「歴史」から検討する。
目次
「緊縮・債務・教訓劇」入門
第1部 われわれはなぜ緊縮しなければならないのか?(米国:大きすぎて潰せない?―銀行家・救済・国家批判
欧州:大きすぎて救済できない―永続的緊縮の政治学)
第2部 緊縮策に関する一対の歴史(「危険な思想」の知性史(一六九二~一九四二年)
「危険な思想」の知性史(一九四二~二〇一二年)
緊縮の自然史(一九一四~二〇一二年))
第3部 結論(銀行業の終焉、新しい物語、多難な先行き)
あとがき(二〇一四年) 地獄を通るなら、出口を探しなさい

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 緊縮策という病 「危険な思想」の歴史
  • 緊縮策という病 「危険な思想」の歴史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中