ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 協力する種 制度と心の共進化

  • 協力する種 制度と心の共進化

ポイント倍率

協力する種 制度と心の共進化

  • サミュエル・ボウルズ/著 ハーバート・ギンタス/著 竹澤正哲/監訳 大槻久/訳 高橋伸幸/訳 稲葉美里/訳 波多野礼佳/訳 ボウルズ,サミュエル(Bowles,Samuel)
    1939年生まれ。ハーバード大学准教授、マサチューセッツ大学(アマースト校)教授、シエナ大学教授を経て、現在マサチューセッツ大学名誉教授、サンタフェ研究所アーサーシュピーゲル研究教授・行動科学プログラムディレクター。教育の政治経済学をはじめとするミクロ理論全般からマクロ経済分析や国家論までの幅広い分野の研究を手がける

    ギンタス,ハーバート(Gintis,Herbert)
    1940年生まれ。社会科学・行動科学の諸分野を横断する研究者。マサチューセッツ大学(アマースト校)教授を経て、現在マサチューセッツ大学名誉教授・中央ヨーロッパ大学(ハンガリー)教授・サンタフェ研究所(米国)外部教授。Nature、Scienceをはじめとする多分野の学術誌に多くの論文を出版

    竹澤 正哲
    北海道大学大学院文学研究科准教授。2000年北海道大学にて博士(行動科学)を取得後、マックス・プランク人間発達研究所リサーチ・サイエンティスト、ティルブルグ大学社会科学部助教授、上智大学総合人間科学部准教授を経て2012年より現職

  • シリーズ名
    叢書《制度を考える》
  • ページ数
    453p
  • ISBN
    978-4-7571-2289-5
  • 発売日
    2017年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,000 (税込:5,400

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ヒトはどうして「協力する種」になったのか。ラディカル政治経済学から出発したボウルズとギンタスが到達した社会科学の「極北」
目次
協力する種
人間における利他性の進化
社会的選好
ヒトの協力の社会生物学
協力するホモ・エコノミクス
祖先人類の社会
制度と行動の共進化
偏狭さ、利他性、戦争
強い互恵性の進化
社会化
社会的感情
結論:人間の協力とその進化

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原タイトル:A COOPERATIVE SPECIES
対象年齢 一般

商品のおすすめ

ゲーム理論、経済実験を駆使し、人類の「協力」の進化を、壮大なスケールで描く。経済学から出発したギンタスとボウルズが到達した、社会科学の統合の「極北」がここにある。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 協力する種 制度と心の共進化
  • 協力する種 制度と心の共進化

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中