ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 古建築修復に生きる 屋根職人の世界

  • 古建築修復に生きる 屋根職人の世界

古建築修復に生きる 屋根職人の世界

  • 原田多加司/著 原田 多加司(ハラダ タカシ)
    1951年、滋賀県に生まれる。1974年、大学卒業後、地方銀行勤務を経て1982年、家業の桧皮葺・柿葺師(創業1771年)の一〇代目・原田真光を襲名。社団法人全国社寺等屋根工事技術保存会副会長などを歴任

  • シリーズ名
    歴史文化ライブラリー 186
  • ページ数
    214p
  • ISBN
    978-4-642-05586-4
  • 発売日
    2005年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

1,700 (税込:1,836

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 現代の我々が千年以上も前から変わらない造りの建築を見られるのはなぜか。文化財修復に携わる屋根葺職人が匠の経験に裏打ちされた日本古来の技の世界を語る。コンピュータ化の時代に、技の熟練の大切さを考える。
目次
伝統技術という「方舟」(屋根はいかにして作られてきたか
檜皮葺と柿葺の文化 ほか)
技術は乱世に成熟する(古代技術の探究
伝播は同心円を描く ほか)
語られなかった海外神社の時代(海を渡った神々
海外神社の実態 ほか)
古建築修復の旅(式内社を歩く
「伊勢」と遷宮 ほか)
文化財の森を育てる(国有林開放までの道程
大学演習林の研究 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

伝統技術はいかに受け継がれてきたか。文化財修復に携わる屋根葺職人が古来の技の世界を語る。

ページの先頭へ

閉じる

  • 古建築修復に生きる 屋根職人の世界
  • 古建築修復に生きる 屋根職人の世界

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中