ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大間違いの太平洋戦争

  • 大間違いの太平洋戦争

大間違いの太平洋戦争

  • 倉山満/著 倉山 満
    1973年、香川県生まれ。憲政史研究家。1996年、中央大学文学部史学科国史学専攻卒業後、同大学院博士前期課程を修了。在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤研究員を務め、同大学で日本国憲法を教え、現在に至る。2012年、希望日本研究所所長を務める。現在、ブログ「倉山満の砦」やコンテンツ配信サービス「倉山塾」で積極的に言論活動を行っている

  • ページ数
    255p
  • ISBN
    978-4-584-13587-7
  • 発売日
    2014年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,111 (税込:1,200

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 世界最強の帝国陸海軍が負けるはずがなかった!真珠湾より先に攻める場所があった!!対英関係がわからなければ、戦前の日本は理解できない!!「強い」アメリカに「弱い」日本が挑んだという歴史観は的外れ!日本はソ連と中国、そしてイギリスの片手間にアメリカと戦い始めた!英霊たちを死に追いやった、真の敵を弾劾する!!“太平洋戦争への道”史観を全否定!!
目次
第1章 大日本帝国にケンカを売れる国はなかった!
第2章 日英同盟廃棄が世界を危機に落とし込んだ
第3章 バカが招いた外交敗北―満洲事変から国連脱退
第4章 第二次世界大戦の実像―支那事変からミュンヘン会談
第5章 日本が実体化させた「英米一体」
第6章 日英戦争としての大東亜戦争

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

◆“なぜ日本はアメリカのような、勝てるはずのない巨大な国と戦ったのだ ろう?"という、いわゆる“太平洋戦争への道"史観を全否定!
◆負けるはずのない世界最強の帝国陸海軍がありながら、敗戦に至った近現代史の真実をあぶり出す。

●アメリカなんぞはマイナー国家! ! 太平洋戦争の本質は対英関係にあり!
●対英関係がわからなければ、戦前の日本は理解できない! !
●「強い」アメリカに「弱い」日本が挑んだという歴史観は的外れ!
●アメリカの石油禁輸(宣戦布告)は及び腰の挑発だった!
●日本はソ連と中国、そしてイギリスの片手間にアメリカと戦い始めた!
●チェンバレンの宥和政策は愚策ではなかった! !
●英霊たちを死に追いやった、真の敵を弾劾する!
◆日本が戦ったおかげで白人の植民地支配は打倒され、アジアを皮切りに世界中の有色人種が奴隷のような境遇から脱した。また、愛する人を守るため、命を散らして戦った人々は絶対的に尊い。特に、「九死に一生」ですらない、「十死零生」と言われた特攻隊員たちは絶対的に尊い。彼らが何を守るために自らの命と未来を捨てたのかを永遠に語り継ぐことは、日本国に生きる者すべての責務であろう。
しかし、「十死零生」を命じた者、その能力も無いのに責任ある地位にしがみついた官僚、無能な戦争指導で国民に塗炭の苦しみを味あわせた軍高官、そして何の指導力も発揮できなかった政治家たちを免罪することはできない。
大東亜戦争は聖戦だった、だから後知恵で批判するべきではないとする者に問う。
なぜ多くの兵士が国を守るために命を捨てて戦ったことによって、その人たちがそこまでしなければならぬ状況に追い込んだ者の責任が免罪されるのか! ! <文中より>

ページの先頭へ

閉じる

  • 大間違いの太平洋戦争
  • 大間違いの太平洋戦争

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中