ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 脳はどこまでコントロールできるか?

  • 脳はどこまでコントロールできるか?

脳はどこまでコントロールできるか?

  • 中野信子/著 中野 信子
    1975年生まれ。東京都出身。脳科学者、医学博士。横浜市立大学客員准教授、東日本国際大学客員教授。高IQ国際組織「MENSA」会員。東京大学工学部卒、東京大学大学院医学系研究科医科学専攻博士課程修了(2004年)。フランス国立研究所で研究員として勤務(2008年~2010年)。現在、脳や心理学をテーマに研究や執筆の活動を精力的に行っている。多数のテレビ番組でコメンテーターとしても活躍中

  • シリーズ名
    ベスト新書 447
  • ページ数
    223p
  • ISBN
    978-4-584-12447-5
  • 発売日
    2014年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

778 (税込:840

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 自分を大切にする脳の回路ができ上がれば、その瞬間からあなたの人生は変わっていく!脳を使いこなすための妄想の技術。
目次
第1章 成功者は妄想する―夢を見つづける効用(なぜ成功者は妄想するのか?
妄想の創造力―夢を現実化する技術 ほか)
第2章 成功する人は脳に騙されない!―錯覚のメカニズム(脳は簡単に騙される―そこにあるのは脳が見たいもの
誰もが「自分は理解している」と思い込んでしまう―「知識の錯覚」 ほか)
第3章 成功する人が使っている心理効果―脳は勝手に妄想をつくり出す(売れている本だから、きっと面白いに違いない?
デフレとインフレどっちが怖い?―貨幣錯覚 ほか)
第4章 男女で違う脳の働き―刺激を求める男性脳・不安を感じやすい女性脳(恋という妄想は人間の進化上の工夫
前向きな気持ちに変える!―セロトニンの効果 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 脳はどこまでコントロールできるか?
  • 脳はどこまでコントロールできるか?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中