ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 集団的自衛権容認の深層 平和憲法をなきものにする狙いは何か

  • 集団的自衛権容認の深層 平和憲法をなきものにする狙いは何か

集団的自衛権容認の深層 平和憲法をなきものにする狙いは何か

  • 纐纈厚/著 纐纈 厚
    1951年岐阜県生れ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。現在、山口大学独立大学院東アジア研究科教授、山口大学理事兼教育学生担当副学長、政治学博士。近現代日本政治史・現代政治社会論、対アジア関係史専攻

  • ページ数
    244p
  • ISBN
    978-4-535-58675-8
  • 発売日
    2014年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 平和憲法を踏み越える安倍流『戦前レジームへの復活、回帰』を許すのか。2014年7月1日。安倍内閣の閣議決定のその日は、後世に長らく記憶される日となった。なぜ、憲法破壊、民主主義を全否定する政策をそれほどまでに急ぐのか。国家安全保障をめぐる戦後保守政権の反憲法的な政策と政治判断。この戦前から幾重にも連なる深淵を解明し、改めて日本国憲法の先進性を示す。
目次
1 安倍政権と集団的自衛権問題(集団的自衛権容認の狙いは何か―安倍政治の本質に絡めて
強面の国家で日本は生き残れるのか―遠のく「成熟市民社会」への道)
2 日米安保体制と米軍再編(日本の防衛計画はどうなっているのか―「基盤的防衛力」から「動的防衛力」へ
米軍再編はなぜ急がれるのか
「日米防衛協力のための指針」再改定の狙いは何か―新たな日米同盟強化路線を批判する)
3 自衛隊と国民(自衛隊は何処に向かうのか
自衛隊幹部は何を考えているのか―栗栖発言は戦後の「南次郎訓示」である
自衛隊は本当に国民を守るのか)
4 軍事法制と日本国憲法(特定秘密保護法はなぜ必要か―スパイ防止法案から特定秘密保護法成立まで
「国家安全保障基本法案」をどう読むのか
「非常事態法」導入は日本を安全にするのか―憲法改悪の巧妙な仕掛け
日本国憲法は本当に時代遅れなのか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 集団的自衛権容認の深層 平和憲法をなきものにする狙いは何か
  • 集団的自衛権容認の深層 平和憲法をなきものにする狙いは何か

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中