ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 教育と格差 なぜ人はブランド校を目指すのか

  • 教育と格差 なぜ人はブランド校を目指すのか

教育と格差 なぜ人はブランド校を目指すのか

  • 橘木俊詔/著 八木匡/著 橘木 俊詔(タチバナキ トシアキ)
    1943年生まれ。ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。京都大学経済学部教授を経て、2007年より、同志社大学経済学部教授

    八木 匡(ヤギ タダシ)
    1959年生まれ。名古屋大学大学院経済学研究科博士課程(後期課程)単位満了退学。1996年博士号(経済学)取得。京都大学経済学研究所助手、名古屋大学経済学部助教授などを経て、2002年より、同志社大学経済学部教授

  • ページ数
    194p
  • ISBN
    978-4-535-55607-2
  • 発売日
    2009年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 公立か、私立か?家庭環境か、本人のやる気か?子どもの学力に影響があるのは、父親?それとも母親?教育と格差にまつわる諸問題を、独自のデータに基づき解き明かす。
目次
教育と格差を巡る話題
日本の教育
学歴形成と所得格差
学歴と昇進
学歴とエリート形成
学歴形成における家庭環境
家庭における教育
男の子と女の子
公立・私立の差による学校選択行動
教育への期待と学校選択行動
教育の地域格差
日本の教育制度
教育と格差はどの方向に進むか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

教育と就職、昇進の機会の関係など、教育と格差にまつわる諸問題を、独自のデータにもとづき実証分析。その結果を平易に示す。

ページの先頭へ

閉じる

  • 教育と格差 なぜ人はブランド校を目指すのか
  • 教育と格差 なぜ人はブランド校を目指すのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中