ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 民事訴訟の現在位置 利用しやすい民事訴訟に向けた法・理論・制度・実務からの再確認
  • 民事訴訟の現在位置 利用しやすい民事訴訟に向けた法・理論・制度・実務からの再確認

  • 民事訴訟の現在位置 利用しやすい民事訴訟に向けた法・理論・制度・実務からの再確認
  • 民事訴訟の現在位置 利用しやすい民事訴訟に向けた法・理論・制度・実務からの再確認

民事訴訟の現在位置 利用しやすい民事訴訟に向けた法・理論・制度・実務からの再確認

  • 福田剛久/著 福田 剛久
    1975年京都大学法学部卒業。1977年に東京地裁判事補、1987年東京地裁判事。1989年に最高裁事務総局行政局参事官、1990年最高裁事務総局民事局第二課長、1993年最高裁事務総局民事局第一課長兼第三課長、1997年東京地裁部総括判事、2004年最高裁上席調査官、2009年静岡地裁所長、2011年東京高裁部総括判事、2015年高松高裁長官を歴任し、2016年に定年退官。2017年より弁護士

  • ページ数
    410p
  • ISBN
    978-4-535-52268-8
  • 発売日
    2017年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

7,000 (税込:7,560

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 資料や緻密なデータ解析に基づき、明治以来の民事訴訟の立法と運用を概観し、訴訟の長期化改善等、いまなお抱える問題を紐解く。
    (「近刊情報」より)
目次
第1章 自由主義民訴法の誕生‐ドイツ民訴法の継受―“戦前第1期”旧旧民訴法の成立(明治23(1890)年)~旧民訴法の施行の前年(昭和3(1928)年)(旧旧民訴法の成立
旧旧民訴法の内容 ほか)
第2章 民訴法の社会政策的機能の充実‐大正改正―“戦前第2期”旧民訴法の施行(昭和4(1929)年)~終戦(昭和20(1945)年)(旧民訴法(大正改正法)の成立
旧民訴法(大正改正法)の内容 ほか)
第3章 当事者主義の強化‐アメリカ法の移植―“戦後第1期”終戦の翌年(昭和21(1946)年)~その30年後(昭和50(1975)年)(昭和23年改正法の成立
昭和23年改正法の内容 ほか)
第4章 国民が利用しやすい民事訴訟‐現行民訴法の誕生―“戦後第2期”戦後第1期の翌年(昭和51(1976)年)~現行民訴法施行の前年(平成9(1997)年)(戦後第2期の事件処理の状況
現行民訴法制定までの法改正 ほか)
第5章 21世紀の民事訴訟‐「新民訴世代」への期待―“戦後第3期”現行民訴法施行の年(平成10(1998)年)~現在(平成29(2017)年)(現行民訴法施行後の事件処理の状況
現行民訴法施行後の法改正 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

争点整理手続の形骸化、「協同進行主義」の低迷、審理期間の長期化―。国民にとって真に利用しやすい民事訴訟とするための解決策をどこに見出せばよいのだろうか。わが国の民事訴訟が現在抱える問題に向き合うためには「民事訴訟の現在位置」を再確認することがその第一歩である。膨大な文献資料・緻密なデータ解析に基づき、21世紀の民事訴訟はどうあるべきなのか、現行民訴法の制定にかかわった著者が旧法を知らない世代に向けて放つ渾身の作。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中