ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 気骨 ある刑事裁判官の足跡

  • 気骨 ある刑事裁判官の足跡

気骨 ある刑事裁判官の足跡

  • 石松竹雄/著 安原浩/インタビュアー 石松 竹雄
    1937年4月大分県立中津中学校入学、1941年3月同校四年修了、同年4月第五高等学校入学、1943年9月同校卒業、同年10月東京帝国大学法学部入学。1946年9月同学部卒業、1947年12月高等試験司法科試験合格、1948年3月司法修習生(2期)。1950年4月大阪地裁判事補、1953年4月神戸地裁判事補、1957年1月大阪地家裁堺支部判事補、1960年4月釧路地家裁判事、1962年3月大阪地裁判事、1965年4月司法研修所教官、1969年4月大阪地裁判事、1974年4月大阪高裁判事、1990年3月定年退官

    安原 浩
    兵庫県生まれ。1966年東京大学法学部卒業、20期司法修習生。広島地裁判事補を皮切りに、各地の裁判所に勤務(主として刑事裁判担当)。1981年から1985年にかけて大阪高裁で石松コートの左陪席、1993年神戸地裁姫路支部で部総括判事、2005年広島高裁岡山支部長、2007年松山家裁所長、2008年6月定年退官。同年11月弁護士登録(兵庫県弁護士会)。日本刑法学会会員

  • シリーズ名
    ERCJ選書 1
  • ページ数
    251p
  • ISBN
    978-4-535-52204-6
  • 発売日
    2016年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 刑事裁判の本質は何か、刑事裁判官はいかにあるべきか。「刑事被告人の利益をいかに守るか」、「人権侵害に抵抗すること」を貫いた自らの刑事裁判官としての足跡を、師と仰ぐ先輩裁判官の生き様と重ねながら語り継ぐ。
目次
プロローグ 網田さんと筆者との出会い
生い立ちから司法修習生となるまで
筆者が知るまでの網田さんの主要な経歴
司法修習生時代の筆者と網田さん
判事補時代を中心とした裁判官生活―釧路地家裁勤務まで
釧路地裁から大阪地裁へ―網田裁判長の部の陪席へ
単独事件部裁判官から司法研修所教官へ
三度目の大阪地裁勤務
大阪高裁刑事部へ
裁判官懇話会
弁護士としての網田さんと筆者
余論

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

「司法の独立」、「裁判官の良心」を貫き、刑事裁判を生き抜いた気骨の裁判官が司法の真髄とは何かを問いかける。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 気骨 ある刑事裁判官の足跡
  • 気骨 ある刑事裁判官の足跡

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中