ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 内部的メディアの自由 研究者・石川明の遺産とその継承

  • 内部的メディアの自由 研究者・石川明の遺産とその継承

内部的メディアの自由 研究者・石川明の遺産とその継承

  • ページ数
    323p
  • ISBN
    978-4-535-51915-2
  • 発売日
    2013年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,200 (税込:4,536

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 社会の多様性の実現=市民社会の利益のために存在するメディアに構築されるべき「メディアの内部的自由」、それは、決してメディア組織内部での「自由の山分け」であってはならない。その視点から「ジャーナリストの自由と自律」の問題を問い返す。故・石川明教授の先駆的研究を踏まえた上で、ドイツの編集綱領運動など欧州の動向を丹念にフォローしつつ、NHK番組改変問題を改めて総括し、危機に立つメディアの可能性を追求し、その課題を提起する。
目次
第1部 石川明先生の「内部的メディアの自由」研究(編集綱領運動と内部的放送の自由―西ドイツの場合(1972年)
コミュニケーション政策の形成と研究者―“プレス基本法”の立案過程を中心に(1977年)
放送の公共性と放送の自由―西ドイツの公共放送の場合(1989年)
ドイツにおける「内部的プレスの自由」―ブランデンブルク州のプレス法の立法過程を中心に(2000年)
市民社会とメディア企業―「編集権」をめぐって(2000年))
第2部 「内部的メディアの自由」研究の諸相―法学的観察/社会学的観察(「プレスの内部的自由」の研究回顧と期待
規律任務としての放送の独立性
「内部的メディアの自由」の可能性
ドイツの公共放送における内部的自由―現状と課題
フランスにおけるジャーナリストの精神的自由―「良心条項」を中心に
イギリスの新聞メディアにおける「行動規範」とジャーナリストの保護
ドイツにおける「内部的プレスの自由」、コミュニケーション政治、そして公共圏概念の拡張
「内部的メディアの自由」の社会学的検討―理論と現実の日独比較の視点から)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 内部的メディアの自由 研究者・石川明の遺産とその継承
  • 内部的メディアの自由 研究者・石川明の遺産とその継承

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中