ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本国憲法と裁判官 戦後司法の証言とよりよき司法への提言

  • 日本国憲法と裁判官 戦後司法の証言とよりよき司法への提言

日本国憲法と裁判官 戦後司法の証言とよりよき司法への提言

  • ページ数
    466p
  • ISBN
    978-4-535-51791-2
  • 発売日
    2010年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 30名の元裁判官が贈る珠玉の証言集。日本国憲法下で、違憲立法審査権を与えられ、「憲法の番人」であるべき裁判官を務めてきた戦後第一世代の裁判官たち。1970年代の司法の危機といわれる時代を経験し、今日まで、どのような生活をし、何を考え、どのように裁判を行ってきたか―その証言の内に、日本の司法の進むべき道筋がみえる。
目次
序章 日本国憲法と裁判官
第1章 裁判官と平和主義
第2章 裁判官のあり方
第3章 民事裁判にかかわって
第4章 刑事裁判にかかわって
第5章 司法の危機、そして司法改革
資料 戦後の裁判所、裁判官をめぐる主な動向(一九四七年~二〇〇九年)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本国憲法と裁判官 戦後司法の証言とよりよき司法への提言
  • 日本国憲法と裁判官 戦後司法の証言とよりよき司法への提言

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中