ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 長沼事件平賀書簡 35年目の証言 自衛隊違憲判決と司法の危機

拡大

  • 長沼事件平賀書簡 35年目の証言 自衛隊違憲判決と司法の危機

長沼事件平賀書簡 35年目の証言 自衛隊違憲判決と司法の危機

  • 福島重雄/編著 大出良知/編著 水島朝穂/編著 福島 重雄(フクシマ シゲオ)
    1930年生まれ。京都大学法学部卒業。第11期司法修習修了。1989年福井家裁、退官。1989年~2000年まで公証人。現在、弁護士

    大出 良知(オオデ ヨシトモ)
    1947年生まれ。東京都立大学大学院法学研究科博士課程単位取得中途退学。1978年静岡大学人文学部法学科専任講師助教授、1991年九州大学法学部教授、2004年九州大学法科大学院長等を経て、東京経済大学現代法学部教授・九州大学名誉教授。刑事訴訟法/司法制度論

    水島 朝穂(ミズシマ アサホ)
    1953年生まれ。早稲田大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。1983年札幌学院大学法学部助教授、1989年広島大学総合科学部助教授を経て、早稲田大学法学学術院教授。憲法学/法政策論

  • ページ数
    370p
  • ISBN
    978-4-535-51641-0
  • 発売日
    2009年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,700 (税込:2,916

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 司法は自衛隊を「違憲」と認定したにもかかわらず、緊張関係は今なお続く。歴史の真実を通じ、再び9条と自衛隊の関係を問う。
目次
第1部 長沼自衛隊違憲判決は、いかにして生まれたか(長沼ナイキ事件はこうして始まった
長沼ナイキ基地訴訟の争点
自衛隊に対する実態審理
判決はニセコアンヌプリ山頂で決まった
違憲判決とその影響
三五年ぶりの違憲判決―イラク派遣訴訟名古屋高裁判決)
第2部 平賀書簡問題と司法の危機(長沼訴訟・平賀書簡問題の背景
座談会・長沼訴訟と平賀書簡、そして司法の危機へ―一九六九年から一九七〇年にかけて裁判所で何が起こったのか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 長沼事件平賀書簡 35年目の証言 自衛隊違憲判決と司法の危機

拡大

  • 長沼事件平賀書簡 35年目の証言 自衛隊違憲判決と司法の危機

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中