ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 講座労働法の再生 第5巻

  • 講座労働法の再生 第5巻

講座労働法の再生 第5巻

  • 巻の書名
    労使関係法の理論課題
  • ページ数
    333p
  • ISBN
    978-4-535-06515-4
  • 発売日
    2017年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,500 (税込:3,780

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 沈滞から抜け出せない日本の労使関係を反転させ、未来に向けて再構築するための理論課題を総合的に検討する。
目次
序論 労使関係法の課題と展望
第1部 労働組合と団体交渉(集団的労使関係の当事者
労働組合の法理
団体交渉権の構造)
第2部 労働協約(労働協約の法的構造
労働協約の規範的効力
労働協約の一般的拘束力)
第3部 団体行動(団体行動権の意義と構造
争議行為の意義と正当性―序論的考察
争議行為の法的効果
組合活動の法理)
第4部 不当労働行為(不当労働行為制度の趣旨・目的
不利益取扱いの禁止―行政救済固有の解決法理のあり方
団交拒否
支配介入
労働委員会の救済命令)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

憲法が想定する姿に遠く及ばない状況を呈している今日の労使関係を再構築するため、労使関係法の理論課題を正面から検討する。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 講座労働法の再生 第5巻
  • 講座労働法の再生 第5巻

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中