ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ストレスチェック制度導入と実施後の実務がわかる本 いつまでに、誰が、何を、どうすればよいか

  • ストレスチェック制度導入と実施後の実務がわかる本 いつまでに、誰が、何を、どうすればよいか

ポイント倍率

ストレスチェック制度導入と実施後の実務がわかる本 いつまでに、誰が、何を、どうすればよいか

  • 坂本直紀/著 坂本 直紀
    1968年東京生まれ。明治学院大学法学部法律学科卒。大手メーカーにて法務・知的財産業務を経験した後、2003年、坂本社会保険労務士事務所開業。現在、坂本直紀社会保険労務士法人代表社員。社会保険労務士、中小企業診断士。企業の労務支援の他、メンタルヘルス、パワハラ、セクハラなどのセミナー講師としても活躍中

  • ページ数
    165p
  • ISBN
    978-4-534-05343-5
  • 発売日
    2015年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • いつまでに、誰が、何を、どうすればよいか。規程例や書式のひな形が満載。本当に大切なのは面接を実施してから。外部機関活用上の注意点。予防を徹底して、メンタル不調者を出さないしくみをつくる。
目次
第1章 ストレスチェック制度の基本的な考え方
第2章 ストレスチェックの実施と結果の通知
第3章 面接指導を実施する際の注意点
第4章 ストレスチェックの結果を集団ごとに集計・分析
第5章 ストレスチェック制度における留意点
第6章 ストレスチェック制度以外の一次予防
第7章 ストレスチェック実施後の対応が大切
第8章 職場でのコミュニケーションの円滑化を図る

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ストレスチェック制度導入と実施後の実務がわかる本 いつまでに、誰が、何を、どうすればよいか
  • ストレスチェック制度導入と実施後の実務がわかる本 いつまでに、誰が、何を、どうすればよいか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中