ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 誰が日本の労働力を支えるのか?

  • 誰が日本の労働力を支えるのか?

ポイント倍率

誰が日本の労働力を支えるのか?

  • 寺田知太/著 上田恵陶奈/著 岸浩稔/著 森井愛子/著 寺田 知太
    野村総合研究所デジタルビジネス開発部グループマネージャー。京都大学大学院工学研究科修士課程修了後、野村総合研究所に入社。Duke University Fuqua School of BusinessにてMBA取得。京都大学デザインスクール非常勤講師

    上田 恵陶奈
    野村総合研究所未来創発センター2030年研究室兼ICT・メディア産業コンサルティング部上級コンサルタント。東京大学法学部を卒業し、野村総合研究所に入社。英国University of Essex大学院政治経済学を修了。金融法学会会員、情報ネットワーク法学会会員

    岸 浩稔
    野村総合研究所ICT・メディア産業コンサルティング部主任コンサルタント。東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻博士課程修了。工学博士。同時に、東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻副専攻課程を修了。その後、野村総合研究所に入社

    森井 愛子
    野村総合研究所グローバルインフラコンサルティング部コンサルタント。オックスフォード大学大学院グローバルガバナンス専攻修了後、野村総合研究所に入社

  • ページ数
    209,18p
  • ISBN
    978-4-492-76231-8
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 700万人超の働き手を失う2030年の日本が選ぶのは外国人か?人工知能か?英オックスフォード大学と野村総合研究所の共同研究による衝撃の近未来シミュレーション!
目次
1 労働力激減時代の衝撃
2 外国人労働者は日本を救えるのか?
3 テクノロジーは日本を救えるのか?
4 デジタル労働力との共生
5 近未来シミュレーション、2030年の日本
6 新しい時代の到来と私たちの選択

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

人口減少により、2030年までに700万人以上の労働力を失うことが確定している日本。
ビジネスの現場ではすでに、小売や物流をはじめ、深刻な人手不足が起きている。
日本が選択するのは、外国人労働力の受け入れか?
それとも、人工知能をはじめとするデジタル労働力の活用か?
豊富なデータと分析から、近未来の姿をシミュレーションする。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 誰が日本の労働力を支えるのか?
  • 誰が日本の労働力を支えるのか?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中