ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 金利と経済―――高まるリスクと残された処方箋

  • 金利と経済―――高まるリスクと残された処方箋

ポイント倍率

金利と経済―――高まるリスクと残された処方箋

  • 翁邦雄/著 翁 邦雄
    京都大学公共政策大学院教授。1974年日本銀行入行。同調査統計局企画調査課長、同金融研究所長などを歴任。2009年4月より現職。専門は金融論、金融政策論、国際金融論。『期待と投機の経済分析』(東洋経済新報社、1985年、日経・経済図書文化賞受賞)、『ポスト・マネタリズムの金融政策』(日本経済新聞出版社、2011年)、『日本銀行』(ちくま新書、2013年)、『経済の大転換と日本銀行』(岩波書店、2015年、石橋湛山賞受賞)など著書多数

  • ページ数
    262p
  • ISBN
    978-4-478-10168-1
  • 発売日
    2017年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日銀金融研究所長などを歴任した第一人者が生きた題材をもとに景気、成長と金利の関係を検証。


    トランプノミクスで高まる財政への期待と不確実性
    異次元緩和、マイナス金利政策の副作用
    待望されるヘリコプターマネーのコスト
    イールドカープ・コントロールの効果……

    生きた題材をもとに、日銀金融研究所長などを歴任した第一人者が
    景気、成長と利子率の関係を検証した、いま最も読まれるべき経済書

    金利操作に期待されるのは、
    「トレンドへの働きかけ」か、「経済の安定化」か?

    【第1章より抜粋】
    昔は、金融政策はきわめてシンプルなものだ、と考えられていた。
    今でも多くの経済人が、
    景気が悪ければ金利を下げて金融を緩和すればよい、
    という単純な原理の有効性を基本的に信じているようにみえる。
    「景気」の本質が変化して金融政策の働きかけの意味が変わったとき、
    先の原理の効果は思うようには出なくなり、
    金融政策は新たな工夫を試みてどんどん複雑化してくる。

    「金利操作と成長」の処方箋黒田日銀政策をあらためて検証する≪日銀金融研究所長などを歴任した金融論の第一人者が語り尽くす≫
    (「近刊情報」より)
  • ※価格が変更になりました。
    2,000円(税抜)→1,800円(税抜)
目次
第1章 金利とは何か
第2章 バブルとデフレ、どちらをとるか
第3章 長期停滞が懸念される理由
第4章 自然利子率がマイナスの場合の金融政策
第5章 マイナス金利政策の登場
第6章 「マイナス金利」追加の功罪
第7章 「イールドカーブ・コントロール」の行方
第8章 「財政政策の時代」と金融政策

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 金利と経済―――高まるリスクと残された処方箋
  • 金利と経済―――高まるリスクと残された処方箋

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中