ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる
  • 世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる
  • 世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる
  • 世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる
  • 世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる
  • 世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

  • 世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる
  • 世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる
  • 世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる
  • 世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる
  • 世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる
  • 世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

  • 久賀谷亮/著 久賀谷 亮
    医師(日・米医師免許)/医学博士。広島大学医学部卒業。イェール大学医学部精神神経科卒業。アメリカ神経精神医学会認定医。アメリカ精神医学会会員。日本で臨床および精神薬理の研究に取り組んだあと、イェール大学で先端脳科学研究に携わり、同大学で臨床医としてアメリカ屈指の精神医療の現場に8年間にわたり従事する。そのほか、ロングビーチ・メンタルクリニック常勤医、ハーバーUCLA非常勤医など。2010年、ロサンゼルスにて「TransHope Medical(くがやこころのクリニック)」を開業

科学的に正しい「脳の休め方」とは?

  • ページ数
    248,6p
  • ISBN
    978-4-478-06844-1
  • 発売日
    2016年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「脳疲労」がすぐ消えて、頭が冴える。イェール大学で学び、米国で18年診療してきた精神科医が明かす!

    「脳疲労」がすぐ消えて、
    頭が冴える。

    イェール大で学び、
    米国で18年診療してきた精神科医が明かす!
    科学的に正しい「脳の休め方」とは?

    ◎脳は「何もしない」でも、勝手に疲れていく…
    脳の消費エネルギーの60~80%は、
    デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)に使われています。
    DMNとは、脳が意識的な活動をしていない
    アイドリング状態でも動き続ける脳回路です。
    この回路が働き続ける限り、ぼーっとしていても、
    脳はどんどん疲れていくわけです。

    ◎いくら身体を休めても、「疲れがとれない」のはなぜ?
    「何もしていないのに、なぜか疲れが取れない」という人は、
    このDMNに過剰な活動を許してしまっているのかもしれません。
    つまり、DMNの活動を抑える脳構造をつくり、
    脳にたしかな休息をもたらすことこそが、
    あなたの集中力やパフォーマンスを高める最短ルートなのです。

    ◎脳には脳の休め方がある
    著者は精神医療の最先端イェール大学で学び、
    ロサンゼルス郡でクリニックを開業した精神科医の久賀谷亮氏。
    先端脳科学に基づいた「TMS磁気治療」などと並んで、
    科学的な脳の癒し方として注目を集めているのが、
    瞑想やマインドフルネスです。

    世界的に有名な企業や経営者・アントレプレナーたちも、
    こぞってこの方法を取り入れ始めているのはなぜなのか?
    それは、瞑想が単なるリラクゼーションメソッドから、
    「脳科学的に実証された休息法」へと進化しつつあるからです。

    マインドフルネスは脳科学の最前線とどう接触しているのか?
    イェール大学を舞台にしたストーリーを楽しみながら、
    「科学的な脳の休め方」がわかる一冊です。
目次
先端脳科学が注目する「脳の休め方」
「疲れない心」を科学的につくるには?―脳科学と瞑想のあいだ
「疲れやすい人」の脳の習慣―「いま」から目をそらさない
「自動操縦」が脳を疲弊させる―集中力を高める方法
脳を洗浄する「睡眠」×「瞑想」―やさしさのメッタ
扁桃体は抑えつけるな!―疲れを溜め込まない「不安解消法」
さよなら、モンキーマインド―こうして雑念は消える
「怒りと疲れ」の意外な関係性―「緊急モード」の脳科学
レジリエンスの脳科学―瞑想が「折れない心」をつくる
脳から身体を治す―副交感神経トレーニング
脳には脳の休め方がある―人と組織に必要な「やさしさ」
思いやりのメッタ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中