ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 稲盛和夫経営講演選集 第2巻 私心なき経営哲学

  • 稲盛和夫経営講演選集 第2巻 私心なき経営哲学

ポイント倍率

稲盛和夫経営講演選集 第2巻 私心なき経営哲学

  • 稲盛和夫/著 京セラ株式会社/編 稲盛 和夫
    1932年、鹿児島県生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミック株式会社(現京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長。84年に第二電電(現KDDI)を設立、会長に就任。2001年より最高顧問。10年に日本航空会長に就任し、代表取締役会長、名誉会長を経て、15年より名誉顧問。1984年に稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰している。また、若手経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として、後進の育成に心血を注ぐ

  • 巻の書名
    私心なき経営哲学 1990年代 1
  • ページ数
    363p
  • ISBN
    978-4-478-06630-0
  • 発売日
    2015年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,980 (税込:4,298

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ″「稲盛和夫経営講演選集」シリーズ第2巻のテーマは哲学。創業直後に掲げた「全従業員の将来にわたる物心両面の幸福を追求する」という経営理念と「人類社会の進歩発展に貢献する」という思いが、いかに京セラ発展の原動力となり、いかなる結果につながったか。経営と哲学の関係を語り尽くした1990年代珠玉の講演集″

    【厳選された未発表講演を多数収録】

    二つの世界的大企業、京セラとKDDIを創業し、JALを再生に導いた
    「経営のカリスマ」、稲盛和夫氏が本当に大切にしていたこととは?

    『稲盛和夫経営講演選集』とは、稲盛和夫氏による、
    1970年代から2010年代(現代)に至る膨大な講演録の中から
    選び抜かれた、珠玉の講演集。

    第2巻『私心なき経営哲学』は、稲盛経営の神髄ともいえる「哲学」を
    余すところなく語りつくした1990年代の全8講演を収録。
    京セラを創業時から下支えし、JAL再建の礎ともなった、「経営と哲学の関係性」を説き明かす。
    京セラの発展、第二電電の成功など「哲学を経営にどう活かすか」について自らが体現してきたエピソードを紹介する。


    このシリーズの特徴
    1)読みやすく臨場感あふれる講演録

    2)未発表講演を多数収録

    3)テーマ別の構成で、稲盛経営を体系的に理解できる
    第1巻『技術開発に賭ける』第2巻『私心なき経営哲学』第3巻『成長発展の経営戦略』
    第4巻『繁栄する企業の経営手法』第5巻『リーダーのあるべき姿』第6巻『企業経営の要諦』

    4)各講演をわかりやすくまとめた「要点」を収録
目次
経営者に求められる人間性
リーダーシップと判断基準
企業における自己革新
経営と闘魂
企業経営を好転させる哲学
心を高める、経営を伸ばす
経営における「六つの精進」
才能を私物化せず、世のため人のために尽くす

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 稲盛和夫経営講演選集 第2巻 私心なき経営哲学
  • 稲盛和夫経営講演選集 第2巻 私心なき経営哲学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中