ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 最小二乗法・交互最小二乗法

  • 最小二乗法・交互最小二乗法

最小二乗法・交互最小二乗法

  • 森裕一/著 黒田正博/著 足立浩平/著 森 裕一
    1995年岡山大学大学院自然科学研究科博士後期課程修了。現在、岡山理科大学経営学部教授。博士(学術)。専門、計算機統計学

    黒田 正博
    2000年東京理科大学大学院工学研究科博士後期課程修了。現在、岡山理科大学経営学部教授。博士(工学)。専門、計算機統計学

    足立 浩平
    1982年京都大学文学部卒業。現在、大阪大学大学院人間科学研究科教授。博士(文学)。専門、多変量データ解析法

  • シリーズ名
    統計学One Point 3
  • ページ数
    109p
  • ISBN
    978-4-320-11254-4
  • 発売日
    2017年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は,最小二乗法と交互最小二乗法およびその計算に関連する話題を取り上げたものである。
    最小二乗法は,現代統計学において,推定値を求めるときに最もよく利用されるが,意外と原理や考え方の基本に立ち戻って説明されることは少ない。また,質的データの最適変換や複数の制約条件から推定値を求める同時推定などに利用される交互最小二乗法も,最小二乗基準の立場から個別手法の解説を行っているものは多くない。そこで,最小二乗基準を核として,最小二乗法と交互最小二乗法のそれぞれについて,理論,性質,計算へと説明を進め,両手法の深い理解を図ろうとするのが本書である。特に,それぞれの導入部分では,わかりやすい例を用いて原理の説明を行う工夫をし,交互最小二乗法では,それが利用される推定法として,非計量主成分分析のみならず,最近の手法(k平均クラスタリング,同時プロクラステス分析,スパース行列因子分析)についても触れている。さらに,効率的な計算として取り上げた交互最小二乗法の計算の加速化は,他では多く取り上げられていない話題である。
    ツールとして使っているが,意外と正確なところを知らない最小二乗法と交互最小二乗法の原理を理解し,積極的に問題解決に応用してもらうことを意図した解説書が本書である。
目次
第1章 最小二乗法(原理
統計手法への利用
最小二乗問題の計算と性質
最小二乗問題の計算におけるその他の話題)
第2章 交互最小二乗法(原理
交互最小二乗法の代表例
交互最小二乗法にできることとその評価法
統計解析法への応用)
第3章 関連する研究と計算環境(交互最小二乗法における計算の加速化
非計量主成分分析の計算:Rパッケージhomals)

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 最小二乗法・交互最小二乗法
  • 最小二乗法・交互最小二乗法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中