ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ウイルス感染と常微分方程式

  • ウイルス感染と常微分方程式

ウイルス感染と常微分方程式

  • 岩見真吾/著 佐藤佳/著 竹内康博/著 岩見 真吾
    1982年和歌山県生まれ。2009年静岡大学創造科学技術大学院自然科学系教育部博士後期課程(短縮)修了。博士(理学)。現在、九州大学大学院理学研究院准教授。専門、数理科学・数理生物学

    佐藤 佳
    1982年山形県生まれ。2010年京都大学大学院医学研究科博士課程3年次早期修了。博士(医学)。現在、京都大学ウイルス・再生医科学研究所講師。専門、実験ウイルス学

    竹内 康博
    1951年静岡県生まれ。1979年京都大学大学院工学研究科博士課程(数理工学専攻)修了。工学博士。現在、青山学院大学理工学部教授。専門、生物数学

  • シリーズ名
    シリーズ・現象を解明する数学
  • ページ数
    172p
  • ISBN
    978-4-320-11006-9
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
第1章 数理科学と実験ウイルス学の融合(次世代のウイルス学研究に向けて―計算ウイルス学の展開
ウイルス感染ダイナミクス定量化の試み
理論と実験の相互フィードバック型の研究へ)
第2章 ウイルス感染の数理モデル(ウイルスダイナミクス
生体内のウイルスダイナミクス
培養細胞内のウイルスダイナミクス)
第3章 抗HIV治療の数理モデル(単剤治療下におけるHIV‐1の感染ダイナミクス
多剤併用治療下におけるHIV‐1の感染ダイナミクス)
第4章 抗HCV治療の数理モデル(単剤治療下におけるHCVの感染ダイナミクス
多剤併用治療下におけるHCVの感染ダイナミクス)
第5章 リンパ球ターンオーバーの数理モデル(BrdU投与下における標識リンパ球のダイナミクス
重水素化グルコース投与下における標識リンパ球のダイナミクス)

商品詳細情報

サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • ウイルス感染と常微分方程式
  • ウイルス感染と常微分方程式

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中