ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 多波長銀河物理学

  • 多波長銀河物理学

多波長銀河物理学

  • Alessandro Boselli/著 竹内努/訳 竹内 努
    1994年京都大学理学部卒業。2000年京都大学大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻博士後期課程修了、博士(理学)。2001年東京大学天文教育研究センター研究員。2002年国立天文台研究員。2004年マルセイユ天体物理学研究所研究員。2005年東北大学大学院理学研究科研究員。2006年東北大学大学院理学研究科助手。名古屋大学高等研究院講師。2011年‐現在、名古屋大学大学院理学研究科准教授(現職)。専門は宇宙物理学・応用統計学

  • ページ数
    320p
  • ISBN
    978-4-320-04730-3
  • 発売日
    2017年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

8,000 (税込:8,640

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 現代の銀河物理学は,極めて大規模な多波長深探査およびアーカイブデータの上に立脚して研究されている。
    本書はこの「多波長」を前面に打ち出したおそらく現時点で唯一の本格的教科書である。
    著者アレッサンドロ・ボセッリ教授は近傍銀河について,多くの波長で本格的な研究を推進してきた気鋭の研究者であり,多波長銀河研究の水先案内人として最適であろう。
    理論・観測的研究の垣根が事実上なくなってきた現代の銀河物理学・宇宙論において,この分野を目指す諸学者から,観測的方法論に不慣れな理論研究者,
    専門としない波長への拡張を目指す観測的研究者など様々なニーズに耐えうる専門書となっている。
目次
第1部 銀河における輻射源と輻射過程(X線
紫外線‐可視光線‐近赤外線
赤外線 ほか)
第2部 多波長データから導かれる物理量(高温X線放射ガスの性質
ダストの性質
電波の性質 ほか)
第3部 銀河進化の探求(統計量
スケーリング則
銀河の物質循環 ほか)

商品詳細情報

サイズ 23cm
原題 原タイトル:A Panchromatic View of Galaxies

ページの先頭へ

閉じる

  • 多波長銀河物理学
  • 多波長銀河物理学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中