ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • カメムシの母が子に伝える共生細菌 必須相利共生の多様性と進化

  • カメムシの母が子に伝える共生細菌 必須相利共生の多様性と進化

カメムシの母が子に伝える共生細菌 必須相利共生の多様性と進化

  • 細川貴弘/著 細川 貴弘
    2003年九州大学大学院理学府生物学専攻博士後期課程修了。九州大学大学院理学研究院生物科学部門助教、博士(理学)。専門は進化生物学、行動生態学、昆虫学

    辻 和希
    1989年名古屋大学大学院農学研究科博士後期課程修了。琉球大学農学部亜熱帯農林環境科学科教授、農学博士。専門は動物生態学、進化生態学

  • シリーズ名
    共立スマートセレクション 21
  • ページ数
    161p
  • ISBN
    978-4-320-00921-9
  • 発売日
    2017年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • カメムシの産卵と孵化においては,新しい生命の誕生と同時に,“母から子への共生細菌の受け渡し”という,もう一つのイベントが繰り広げられている。これがうまくいかないと新しい生命の誕生もなかったことになってしまうという,カメムシにとってはとてつもなく重要なイベントである。なぜそれほどまでに重要なのかというと,カメムシは共生細菌の力に強く依存して生きており,共生細菌がいないと生きていけないからである。つまりカメムシは,どんなに元気な子が生まれても,母親から子への共生細菌の受け渡しがうまくいかないとその子は成長できずに死んでしまう。すなわち新しい生命の誕生はなかったことになってしまうのだ。そして共生細菌を受け渡す方法は,カメムシの種類によって大きく異なる。そんな知られざる,しかし非常に重要なイベントに強く魅了され,「研究ってめっちゃ楽しいなぁ,これはやめられまへんなぁ」とカメムシの研究にのめり込むようになった著者が,研究の楽しさと発見の喜び,そのワクワク感とドキドキ感を込めて,カメムシと細菌の共生という現象の面白さをいきいきと伝える。
目次
1 昆虫と共生細菌の必須相利共生
2 マルカメムシの共生細菌とカプセル
3 クヌギカメムシの共生細菌とゼリー
4 ベニツチカメムシの共生細菌と母親による子の世話
5 チャバネアオカメムシの共生細菌と置換
6 ホソヘリカメムシの共生細菌と環境中からの獲得
7 ヒメナガカメムシの共生細菌と菌細胞の進化
8 トラジラミの共生細菌と寄生から相利共生への進化
異種の助け合いとは何か―ナチュラリストの先端生物学

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • カメムシの母が子に伝える共生細菌 必須相利共生の多様性と進化
  • カメムシの母が子に伝える共生細菌 必須相利共生の多様性と進化

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中