ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • いま、〈日本〉を考えるということ

  • いま、〈日本〉を考えるということ

いま、〈日本〉を考えるということ

  • 木村草太/編著 大澤真幸/著 山本理顕/著 木村 草太
    1980年生まれ。首都大学東京法学系教授。専攻は憲法学

    大澤 真幸
    1958年生まれ。社会学博士。京都大学大学院教授などを歴任

    山本 理顕
    1945年生まれ。建築家。1973年、山本理顕設計工場設立。横浜国立大学大学院教授などを歴任。建築作品に、埼玉県立大学、横須賀美術館、横浜市立大学YCUスクエアなど

  • シリーズ名
    河出ブックス 095
  • ページ数
    278p
  • ISBN
    978-4-309-62493-8
  • 発売日
    2016年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • いま、この国の課題は何なのか、いったいどうすればよいのか―。現代日本を代表する知性が徹底的に問い直す。憲法学者、社会学者、建築家―3つの視点が化学反応を起こす白熱のシンポジウムに、渾身の書き下ろし論考をあわせた、知的興奮の書。
目次
1 シンポジウム(住宅の起源から考える
憲法は細部に宿る―テロ・家族・緊急事態
現実をどう乗り越えるか
鼎談 山本理顕×大澤真幸×木村草太 “日本”をどう見るか、これからどう生きるか)
2 論考(1933‐2016
日本人の空威張り
地域社会圏と未来の他者―山本理顕と大澤真幸の好奇心を引き受ける
補論 公共建築における創造と正統性―邑楽町建築家集団訴訟の示唆)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

いったいこの国はどこへ行こうとしているのか―。建築学、社会学、憲法学の3つの観点から、今日の日本の課題を徹底討議。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • いま、〈日本〉を考えるということ
  • いま、〈日本〉を考えるということ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中