ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本の童貞

  • 日本の童貞

ポイント倍率

日本の童貞

  • 澁谷知美/著 澁谷 知美
    1972年、大阪市生まれ。社会学者、東京経済大学准教授。専門は男性のセクシュアリティの社会史

  • シリーズ名
    河出文庫 し23-1
  • ページ数
    292p
  • ISBN
    978-4-309-41381-5
  • 発売日
    2015年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

810 (税込:875

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • かつて「童貞」が、男子の美徳とされた時代があった!? 男子の貞操から「キモい」へ――童貞から読みとく《ニッポンの性》社会史。(「近刊情報」より)
目次
第1章 「新妻にささげる贈り物」としての童貞―一九二〇年代の学生たち
第2章 童貞のススメ―男の性の問題化と医療化
第3章 貞操の男女平等の暗面―「花柳病男子拒婚同盟」への反応
第4章 女の童貞、男の童貞―「童貞」という言葉の変遷
第5章 「恥ずかしいもの」としての童貞―戦後の雑誌言説
第6章 シロウト童貞というカテゴリー―「恋愛の自由市場」の一側面
第7章 「やらはた」の誕生―童貞喪失年齢の規範化
第8章 マザコン・包茎・インポ―童貞の病理化
第9章 「童貞は見てわかる」―童貞の可視化
第10章 童貞の復権?

商品詳細情報

フォーマット 文庫
対象年齢 一般

商品のおすすめ

一九二〇年代、童貞は日本男子の美徳だった!「カッコいい」から「恥ずかしい」へ―近代から現代において、童貞のイメージはどのように変化してきたのか。気鋭の社会学者が、童貞にまつわる言説を丁寧に読み解き、男性のセクシュアリティの変化を探る。童貞で読み解く日本の社会史!

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本の童貞
  • 日本の童貞

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中