ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 熱狂なきファシズム ニッポンの無関心を観察する

  • 熱狂なきファシズム ニッポンの無関心を観察する

熱狂なきファシズム ニッポンの無関心を観察する

  • 想田和弘/著 想田 和弘
    1970年栃木県足利市生まれ。映画監督。東京大学文学部卒業後渡米、ニューヨークのスクール・オブ・ビジュアルアーツ映画学科卒業。93年からニューヨーク在住。台本・ナレーション・BGM等のない、自ら「観察映画」と呼ぶドキュメンタリーの手法で『選挙』を発表、ピーボディ賞を受賞

  • ページ数
    290p
  • ISBN
    978-4-309-24670-3
  • 発売日
    2014年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,700 (税込:1,836

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 憲法改定、集団的自衛権、秘密保護法、原発再稼働…ずるずるじわじわコソコソと進むファシズムに抗うために。『選挙』『精神』等の“観察映画”で日本を見つめる著者による、初・評論集。
目次
第1章 ニッポンの根拠を疑う(レジスタンスの時代に
法律が大の苦手な僕が改憲問題を論じる必要に迫られる理由
ベアテさんの遺言 ほか)
第2章 観察という手法(アテのない、散歩のように
風景が変わるとき
猫薬 ほか)
第3章 権力と表現(「精神病患者」の素顔を撮る
やわらかい部分
ドキュメンタリーとフィクションとノンフィクション ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

集団的自衛権、秘密保護法、原発再稼働……暴走する政治権力に抗うための視点とは。『選挙』『精神』等の映画監督による初・評論集。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 熱狂なきファシズム ニッポンの無関心を観察する
  • 熱狂なきファシズム ニッポンの無関心を観察する

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中