ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 〈シリーズ〉日本文学の展望を拓く 4

  • 〈シリーズ〉日本文学の展望を拓く 4

〈シリーズ〉日本文学の展望を拓く 4

  • 巻の書名
    文学史の時空
  • 巻の著者名
    宮腰直人/編 鈴木彰/〔ほか〕執筆
  • ISBN
    978-4-305-70884-7
  • 発売日
    2017年11月

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

9,000 (税込:9,720

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人びとの関心を喚起する未知の学域は、なお豊かに存在する。日本文学とその研究がこれまでに担ってきた領域、これから創造していく可能性をもつ領域とは何か。人文学としての文学が人間社会に果たしうる役割に関して、より豊かな議論を成り立たせるには、これからどうしていけばよいのか。日本文学の窓の向こうに広がるものの総体を捉えようとするシリーズ第4巻。
目次
総論―往還と越境の文学史にむけて
第1部 文学史の領域(“環境文学”構想論
古典的公共圏の成立時期 ほか)
第2部 和漢の才知と文学の交響(紫式部の内なる文学史―「女の才」を問う
『浜松中納言物語』を読む―思い出すこと、忘れないことをめぐって ほか)
第3部 都市と地域の文化的時空(演戯することば、受肉することば―古代都市平安京の「都市表象史」を構想する
近江地方の羽衣伝説考 ほか)
第4部 文化学としての日本文学(反復と臨場―物語を体験すること
ホメロスから見た中世日本の『平家物語』―叙事詩の語用論的な機能へ ほか)

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

人びとの関心を喚起する
未知の学域は、
なお豊かに存在する

日本文学とその研究がこれまでに担ってきた領域、これから創造していく可能性をもつ領域とは何か。
人文学としての文学が人間社会に果たしうる役割に関して、
より豊かな議論を成り立たせるには、これからどうしていけばよいのか。
日本文学の窓の向こうに広がるものの総体を捉えようとするシリーズ、「日本文学の展望を拓く」第4巻。

【執筆者】鈴木 彰/宮腰直人/小峯和明/前田雅之/野中哲照/水谷隆之/杉山和也/佐伯真一/王 成/谷山俊英/李 愛淑/加藤 睦/陳 燕/竹村信治/柳川 響/小川豊生/ハルオ・シラネ/深沢 徹/李 市ジュン/デイヴィッド・アサートン/徐 禎完/會田 実/クレール=碧子・ブリッセ/ニコラエ・ラルカ/周 以量/志村真幸/松居竜五/田村義也/ツベタナ・クリステワ

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 〈シリーズ〉日本文学の展望を拓く 4
  • 〈シリーズ〉日本文学の展望を拓く 4

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中