ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • かなづかい研究の軌跡

  • かなづかい研究の軌跡

かなづかい研究の軌跡

  • ページ数
    204p
  • ISBN
    978-4-305-70843-4
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 大野晋「仮名遣の起原について」、安田章「吉利支丹仮字遣」、亀井孝「“準かなづかい”をめぐる動揺くさぐさ」を「追実験=トレース」し、さまざまな問題について考える。国語学、日本語学は「かなづかい」をどのように採りあげ、そこにどのような問題意識を投影してきたのか。
目次
序章 論の継承と展開(本書の目的
かなづかいの定義 ほか)
第1章 大野晋「仮名遣の起原について」―カノンとしての定家(かなづかいの起原
分析方法 ほか)
第2章 安田章「吉利支丹仮字遣」―二つの「modo」(仮名勝ちに書かれた文献
どのようなキリシタン用語を使うか ほか)
第3章 亀井孝「“準かなづかい”をめぐる動揺くさぐさ」―「準かなづかい」を精査する(「ドチリナキリシタン」の諸本
「定家かなづかいの伝統」とのかかわり ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

ページの先頭へ

閉じる

  • かなづかい研究の軌跡
  • かなづかい研究の軌跡

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中