ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「平家物語」という世界文学

  • 「平家物語」という世界文学

「平家物語」という世界文学

  • 日下力/著 日下 力
    1945年、佐渡に生まる。早稲田大学大学院修了。岩手大学教育学部助教授を経て早稲田大学文学学術院教授。現在、早稲田大学名誉教授

  • ページ数
    236,7p
  • ISBN
    978-4-305-70836-6
  • 発売日
    2017年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦争の引き起こす悲しみや苦悩は、世界で、どう語りつがれてきたのだろうか。人間の歴史において戦争とは何であったのか。それを知るために、この国のいくさの物語を、世界の戦争文学のなかで捉え直す。わが国の人々が生み出した戦争文学から何がわかるか。
目次
プロローグ 戦争と平和と文学と
第1章 『平家物語』と西欧の叙事詩―その文学的差異
第2章 体験としての『平家物語』
第3章 スコットランド叙事詩『オシアン』との共通性・異質性―『平家物語』の世界的位置
第4章 古代インド人の時間認識と戦争―いくさの物語と時間
第5章 ヘロドトス著『歴史』等との対比から―いくさの物語と苦悩の表現
第6章 イタリアの叙事詩三作品―戦いの面白さとその限界
第7章 エウリーピデースと世阿弥―戦いの伝承の劇化
エピローグ 東洋と西洋と

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「平家物語」という世界文学
  • 「平家物語」という世界文学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中