ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 首都圏東部域音調の研究

  • 首都圏東部域音調の研究

ポイント倍率

首都圏東部域音調の研究

  • 林直樹/著 林 直樹
    1986年生まれ。東京都江戸川区で生育。日本大学大学院文学研究科博士後期課程中途退学。2015年、博士(文学・日本大学)取得。2013年度から日本大学文理学部助手

  • ページ数
    194p
  • ISBN
    978-4-305-70832-8
  • 発売日
    2017年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,500 (税込:3,780

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アクセントの「あいまい性」「明瞭性」の実態とその変化とは。東京東北部・千葉西部・埼玉東部を対象にフィールドワーク調査。聞き取りによる分析と、音響的指標に基づく分析を駆使して、アクセント型と音調面の実態を把握する。これまで十分に明らかにされてこなかったアクセントの「あいまい性」を捉える画期的研究。
目次
第1部 東京東北部アクセントの多角的分析(東京東北部のアクセント―2拍名詞における音調実態と年層差・地域差
東京東北部高年層2拍名詞アクセントの実態
東京東北部アクセントの分類とその変化プロセス―クラスター分析を用いた話者分類結果から)
第2部 音響的特徴からみたあいまいアクセントと明瞭アクセントの関係性―首都圏東部域を中心として(アクセントの「あいまい性」を捉えるための音響的指標の検討と分析データの構築―首都圏東部域を中心として
音響的特徴からみた明瞭アクセント・あいまいアクセントの関係性―下降幅と相対ピーク位置を指標として
音響的特徴によるアクセントの型区別・ゆれの把握―語間距離・語内距離を用いた検討
首都圏東部域アクセントの「あいまい性」・「明瞭性」―音響的指標に基づく分類結果から)

商品詳細情報

サイズ 21cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 首都圏東部域音調の研究
  • 首都圏東部域音調の研究

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中