ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 地震と文学 災厄と共に生きていくための文学史

  • 地震と文学 災厄と共に生きていくための文学史

地震と文学 災厄と共に生きていくための文学史

  • ページ数
    355p
  • ISBN
    978-4-305-70810-6
  • 発売日
    2016年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,456

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 災厄とはそもそも何なのか。災厄の前に現れ出る自己とは何か。災厄そのものの淵源を大きく問いつつ、村上春樹、小田実等の震災文学から根源的に迫ろうとする。また、災厄の痕跡として、関東大震災直下の連載小説を読み解きながら、現在を照らしてゆく。災厄を文学から思考する野心的な書。
目次
第1部 災厄の起源―文学を通じて考える意味と可能性(「災厄」を引き起こした「わたし」とは何者か
共同性―宙吊りの「わたし」と分有の思考
表象―鏡像としての「震災」
主権―例外状態と災厄の恒常性)
第2部 災厄の痕跡―現在を照らす関東大震災直下の連載小説(「震災と文学」から直下の連載小説へ
中村武羅夫「群盲」の亀裂―ある造船争議の結末
震災モラトリアム(支払延期令)直下の商魂―村上浪六「時代相」の実験
菊池寛と婦人雑誌の被災―舞台焼失の後始末
震災と新聞小説挿絵―竹久夢二の「眼」
直下の連載小説から「文学の震災」へ)

商品詳細情報

サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 地震と文学 災厄と共に生きていくための文学史
  • 地震と文学 災厄と共に生きていくための文学史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中