ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 暗号理論と代数学

拡大

  • 暗号理論と代数学

暗号理論と代数学

  • シリーズ名
    プラタンBOOKS
  • ページ数
    145p
  • ISBN
    978-4-303-72330-9
  • 発売日
    1997年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は著者の山形大学理学部数理科学科における講義を基にしてまとめたもので、公開鍵暗号とDES暗号という目的も性質も異なる2つの基本的な暗号系について、最小限必要な基礎的な数学を中心に据えて解説したものである。
目次
第1章 初等整数論(準備
アルキメデスの公理
公約数および最大公約数 ほか)
第2章 群論(群の基本的性質
群の集合への作用)
第3章 有限体論(環
剰余環
可換環 ほか)
第4章 暗号系について(暗号系と暗号の実例
公開鍵暗号系)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 暗号理論と代数学

拡大

  • 暗号理論と代数学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中