ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 咸臨丸の絆 軍艦奉行木村摂津守と福沢諭吉

  • 咸臨丸の絆 軍艦奉行木村摂津守と福沢諭吉

咸臨丸の絆 軍艦奉行木村摂津守と福沢諭吉

  • 宗像善樹/著 宗像 善樹
    昭和18年(1943)1月埼玉県浦和市(現さいたま市)生まれ。昭和43年(1968)3月早稲田大学大学院修士課程修了。昭和45年(1970)4月三菱重工業株式会社入社。平成17年(2005)6月関東菱重興産株式会社退社。現在、咸臨丸子孫の会会員、幕末史研究会会員、全国歴史研究会会員、NPO法人江戸連会員。旧筆名「沖島信一郎」による著書もある

  • ページ数
    253p
  • ISBN
    978-4-303-63431-5
  • 発売日
    2014年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 軍艦奉行木村摂津守喜毅の子孫に繋がる著者が書いた、咸臨丸太平洋横断航海の実相に迫る歴史ドキュメント。
目次
第1章 咸臨丸、アメリカへ往く(咸臨丸渡米の経緯と準備
福沢諭吉の乗船実現
咸臨丸の往路航海
サンフランシスコにて)
第2章 咸臨丸、帰還す(木村摂津守の無念
咸臨丸の出港
咸臨丸、ハワイに寄港)
第3章 その後の木村摂津守と福沢諭吉(福沢諭吉の激怒
今泉みねの話
木村摂津守と福沢諭吉の最後の会話)
木村摂津守の家族

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 咸臨丸の絆 軍艦奉行木村摂津守と福沢諭吉
  • 咸臨丸の絆 軍艦奉行木村摂津守と福沢諭吉

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中