ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 海父・浜田国太郎 海員組合を創った男

拡大

  • 海父・浜田国太郎 海員組合を創った男

海父・浜田国太郎 海員組合を創った男

  • 村上貢/著 村上 貢(ムラカミ ミツギ)
    1926年愛媛県越智郡生名村(現上島町)に生まれる。1950年京都大学文学部史学科卒業、岐阜県立多治見高等学校教諭。1967年国立弓削商船高等専門学校助教授、のち教授、退職後名誉教授に。1990年岡山商科大学経済学部教授、大学院併任。2002年同大学退職、名誉教授に。弓削商船高専着任後、瀬戸内海を中心として海事史研究に専念。現在は郷里の上島町文化財保護審議委員会の会長その他に就任

  • ページ数
    155p
  • ISBN
    978-4-303-63425-4
  • 発売日
    2009年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 明治6年に瀬戸内海の小島に生まれ、日本海員組合の第2代組合長として国内外で活躍した濱田国太郎の波瀾の生涯をつづる。
目次
生い立ち
幼くして海運界へ
厳しい海上労働と職能団体の出現
海上労働者の結集と最初の停船スト
新しい結集
日本海員組合の誕生
初代組合長楢崎猪太郎の生涯
海員組合を率いて駈け抜けた激動の時代
日本労働組合会議の議長に
錯綜した組合長辞任劇
海員組合のオヤジから雷声寺の住職へ
故郷の島に残る足跡

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 海父・浜田国太郎 海員組合を創った男

拡大

  • 海父・浜田国太郎 海員組合を創った男

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中