ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 船用ボイラの基礎と実際

  • 船用ボイラの基礎と実際

船用ボイラの基礎と実際

  • 伊丹良治/共著 西川榮一/共著 梅田雅義/共著 伊丹 良治
    1973年広島商船高等専門学校機関科卒業。1973~1990年第一中央汽船株式会社。1981年運輸省海技大学校本科卒業。1982年1級海技士機関免状取得。1983~1984年弓削商船高等専門学校機関科助手。1990年海技大学校機関科教室講師。2003年工学博士(神戸商船大学)。2004年海技大学校機関科教室教授

    西川 榮一
    1963年大阪大学工学部機械工学科卒業。大阪大学工学部機械工学科助手。1972年神戸商船大学商船学部助教授。1975年工学博士(大阪大学)。1987年神戸商船大学商学部教授。2004年神戸商船大学名誉教授

    梅田 雅義
    1981年神戸商船大学原子動力学科卒業。運輸省航海訓練所乗船実習科機関科卒業。3級海技士機関免状取得。株式会社大阪ボイラー製作所入社。1998年同社技術部技術課課長代理。2001年同社技術部技術課課長

  • ページ数
    277p
  • ISBN
    978-4-303-30561-1
  • 発売日
    2010年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ボイラはほとんど完成されたもので、専門書としてはすでに多くの優れた書籍が出版されています。船用ボイラについても、昭和40年代後半頃から、海技従事者の国家試験受験参考書および教科書として、いくつかの専門書が出版されています。その1つ『基本船用ボイラ』(金子延男著、昭和49年初版発行)は初学者のための教科書、また国家試験用参考書として親しまれてきましたが、発行以来30年が経ち、現在の船用ボイラ技術にはそぐわない部分が出てきています。今回、同書を再編するかたちで、新しく執筆することとなりました。

    本書は、現
目次
第1章 ボイラの概要
第2章 ボイラの基礎
第3章 船用ボイラの種類と構造
第4章 ボイラ付着品
第5章 燃料・燃焼とその装置
第6章 船用ボイラの自動制御
第7章 船用ボイラの水処理
第8章 ボイラの材料、強度と据付け
第9章 船用ボイラの取扱い

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
版数 二訂版

ページの先頭へ

閉じる

  • 船用ボイラの基礎と実際
  • 船用ボイラの基礎と実際

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中