ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • いまに生きるベートーヴェン 生涯・作品と演奏法の変遷

  • いまに生きるベートーヴェン 生涯・作品と演奏法の変遷

いまに生きるベートーヴェン 生涯・作品と演奏法の変遷

  • シリーズ名
    ONTOMO MOOK
  • ページ数
    159p
  • ISBN
    978-4-276-96272-9
  • 発売日
    2017年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,700 (税込:1,836

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 好評をいただいた2015年刊行のONTOMO MOOK「ベートーヴェン 不滅の音楽をめぐる演奏家たちの挑戦」以降、ベートーヴェン研究の世界も演奏の分野も活況を呈し続けています。
    また3年後の2020年は“生誕250年”の一大メモリアルイヤー。
    その記念年に向け、ベートーヴェンを大整理&大予習するための最新MOOKをお送りします。
    ベートーヴェン・フリークも、これからベートーヴェンにハマろうという方も、必携です。
  • ※発売日が変更になりました
    11月28日→11月29日
目次
第1章 テーマ別・新しいベートーヴェン像を求めて
第2章 名演奏家が語るベートーヴェンの世界
第3章 新・ベートーヴェン論
第4章 ベートーヴェンの生涯
第5章 ジャンル別・主要作品解説
第6章 交響曲における金管楽器用法の秘密
第6章 ディスク・ガイド
第7章 巻末年譜

商品詳細情報

フォーマット ムック
サイズ 30cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

2020年は“楽聖”ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェンの生誕250年――。
いま内外ではこの記念年に向けて、多くのイヴェントが動き出している。
日本人ピアニストでは小山実稚恵、仲道郁代の両氏がベートーヴェンの「ピアノ・ソナタ」を中心に据えたリサイタル・シリーズを準備しているし、国内オーケストラの間でも「交響曲全曲演奏会」の話が聞こえて来ている。
本誌でも2020年に向けてスタートした小山実稚恵氏と平野昭氏の対談「ベートーヴェンとピアノ」が好評を博している。
一方海外では、ベートーヴェン生誕の地、ドイツ・ボンで毎年開催されている「ベートーヴェン・フェスト」では、年々入場者数が増えているなど、クラシック音楽界全体が「ベートーヴェン生誕250年」に注目している。
ベートーヴェンの音楽を味わい尽くし、このメモリアル・イヤーを十二分に楽しむためのONTOMO MOOK「いまに生きるベートーヴェン」を通じて、この記念年にしっかり備えたい。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • いまに生きるベートーヴェン 生涯・作品と演奏法の変遷
  • いまに生きるベートーヴェン 生涯・作品と演奏法の変遷

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中