ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • リレー形式で聴く 演奏家の脱帽ディスク

  • リレー形式で聴く 演奏家の脱帽ディスク

リレー形式で聴く 演奏家の脱帽ディスク

  • シリーズ名
    ONTOMO MOOK
  • ISBN
    978-4-276-96271-2
  • 発売日
    2017年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2011年1月号から2016年12月号まで『レコード芸術』誌に掲載された連載「演奏家の脱帽ディスク」(全72回)を1冊にムック化。
    国内外で活躍しているアーティスト(演奏家、指揮者、作曲家)に、「“現場(=実際に音を出すテクニック、アプローチ、創造性)”を知る者として、この演奏はスゴイ!」という切り口で、「脱帽の1枚」を一人1点ずつ挙げていただいています。
    また登場したアーティストが次回のアーティストを紹介するというスタイルで展開、音楽家同士の交友も垣間見えます。
目次
〈登場予定の演奏家〉
須田祥子(ヴィオラ奏者)
荒井英治(ヴァイオリン奏者)
生方正好(クラリネット奏者)
甲斐沢俊昭(コントラバス奏者)
太田徹(チェロ奏者)
塚田聡(ホルン奏者)
坂本徹(クラリネット奏者)
鈴木美登里(ソプラノ歌手)
花井哲郎(鍵盤楽器奏者)
西山まりえ(チェンバロ奏者/ヒストリカル・ハープ奏者)
濱田芳通(コルネット奏者/リコーダー奏者)
彌勒忠史(カウンター・テナー歌手)
幸田浩子(ソプラノ歌手)
河原忠之(ピア二スト)
堀内康雄(バリトン歌手)
林峰男(チェロ奏者)
島田彩乃(ピア二スト)
金子鈴太郎(チェロ奏者)
西江辰郎(ヴァイオリン奏者)
河村幹子(ファゴット奏者)
山本正治(クラリネット奏者)
山崎伸子(チェロ奏者)
加藤知子(ヴァイオリン奏者)
店村眞積(ヴィオラ奏者)
矢部達哉(ヴァイオリン奏者)
三界秀実(クラリネット奏者)
高橋敦(トランペット奏者)
西川圭子(打楽器奏者)
岡本正之(ファゴット奏者)
広田智之(オーボエ奏者)
四方恭子(ヴァイオリン奏者)
鈴木学(ヴィオラ奏者)
双紙正哉(ヴァイオリン奏者)
西野ゆか(ヴァイオリン奏者)
大友肇(チェロ奏者)
戸澤哲夫(ヴァイオリン奏者)
鷲見恵理子(ヴァイオリン奏者)
長谷川陽子(チェロ奏者)
新倉瞳(チェロ奏者)
崎谷直人(ヴァイオリン奏者)
南紫音(ヴァイオリン奏者)
小林美樹(ヴァイオリン奏者)
徳永二男(ヴァイオリン奏者)
向山佳絵子(チェロ奏者)
清水和音(ピア二スト)
広上淳一(指揮者)
篠崎史子(ハープ奏者)
荘村清志(ギター奏者)
川本嘉子(ヴィオラ奏者)
三舩優子(ピアニスト)
岩代太郎(作曲家)
川井憲次(作曲家)
内田輝(ヴァイオリン奏者)
千住真理子(ヴァイオリン奏者)
遠藤真理(チェロ奏者)
川久保賜紀(ヴァイオリン奏者)
小菅優(ピアニスト)
藤倉大(作曲家)
吉田誠(クラリネット奏者)
横坂源(チェロ奏者)
佐藤俊介(ヴァイオリン奏者)
鈴木優人(鍵盤奏者・指揮者)
櫻田亮(テノール/カウンター・テノール歌手)
園田隆一郎(指揮者)
沼尻竜典(指揮者)
青山貴(バリトン歌手)
高見信行(トランペット奏者)
白石光隆(ピアニスト)
小坂圭太(ピアニスト)
加納悦子(メゾ・ソプラノ歌手)
佐藤正浩(指揮者)
服部容子(ピアニスト)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

2011年1月号から2016年12月号まで『レコード芸術』誌に掲載された連載「演奏家の脱帽ディスク」(全72回)を1冊にまとめたムック。
国内外で活躍しているアーティスト(演奏家、指揮者、作曲家)に、「“現場(=実際に音を出すテクニック、アプローチ、創造性)”を知る者として、この演奏はスゴイ!」という切り口で、「脱帽の1枚」を一人1点ずつ挙げていただいている。
連載では、登場したアーティストが次回のアーティストを紹介するというスタイルをとっており、ムックでもその方式を踏襲。
アーティスト同士の交友も垣間見られ、読者の興味を引く要素となっている。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • リレー形式で聴く 演奏家の脱帽ディスク
  • リレー形式で聴く 演奏家の脱帽ディスク

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中